日本の漁業が崩壊する本当の理由 片野歩

世界中で魚類資源が増えているのに、日本だけが減っている。
この現実を、恥ずかしいと思うべきである。

日本の漁業が崩壊する本当の理由.jpg

すべての漁協組合長、理事、参事、そして、任意の漁業団体の会長以下すべての役員たちは、この本を読むべきだ。
読みたくないならば、「日本の漁師は大バカものだ」を参照すること。
これを認識できないならば、役職に就く資格はない!

2018年09月30日

2そう曳きのAISは税金の無駄遣い

さらに再び。

十数年ぶりの久慈入港」のため、私を非難した人たちが、少なからずいたらしい。
以前、いろいろと揉め事があったりしたのだが、当事者たちからは、「そんなの時効だろ」ということで、引っ張ってこられたのが真相である。
私に文句を言いたい人もいるだろうが、喧嘩した人とは一生仲直りできない、というほうが、逆に人間性に問題があると思う。

人間みな、脳みそがあるのだから、転換点というのがあって、今まで気がつかなかったことに気がつくようになる。
私にはそういう傾向があるようで、悪く言えば、優柔不断ということになるのだろうか。

久慈に入港して、しばらくぶりに、会長と長話をした。
数年前から、風呂で会ったりすれば、けっこう長話をするのだが、この人は特に長いような気がする(笑)。
トロールとの無線連絡のことも聞いたが、彼が怒るのは、まったくその通りである。
岩手の2そう曳きトロール業界のこと。
彼らは、小型船との話し合いのテーブルにつこうとしないのだ。
そこで、黒埼以北は、久慈前沖として、2そう曳きはするめいかを曳くのを遠慮しろ、とやっているのである。
2そう曳きトロールの船籍は、宮古と釜石しかないから、宮古沖と釜石沖を曳け、ということだ。
私は、宮古の人間だから、できれば、宮古沖も曳いてほしくない。
魚を減らさなさいためには、2そう曳きよりは、かけまわし、であるから。

ちょっと前の話であるが、AISのこと。
これらの2そう曳きトロールは、国の補助事業を受けて、新造船を作った(ただし、寿丸と蛭子丸は除く)。
その無線設備の中に、AISという、安全航海のための装置が入っている。
これももちろん、みんなが払った税金の一部が使われている。
しかし、彼らは、その電源を入れていない。

AISは、陸上のパソコンやタブレット端末、スマホでも、観察できる。
AISの電源を入れていれば、その船がどこを航海していて、どこを操業しているか、誰でもわかるのである(みんなでアプリケーションソフトを使って見てほしい。2そう曳きだから、図面上には、本来、2そう並んでいて、タッチすれば、船名や船速などが表示される)。
これは、通称「16ch」といわれる、国際VHFという無線機とも関連していて、AISで行き会う相手の船名がわかれば、16chで相手を呼び出し、衝突を予防する、という国際的な安全システムなのである。
この装置を税金で導入していながら、電源を入れていない、ということは、明らかにおかしい、と久慈の会長は言っているのである。

今、八戸のかけまわしトロール(こっちが正常なトロールである。岩手では、岩泉町のトロールのみ)は、近年、赤字である。
そこで、水産庁では、減船補償金を支払って減船させ、青森県太平洋側の魚類資源を少しでも多くしようと試みているらしい。
しかし、これは、大臣許可である指定漁業の話。
私たち小型船では、減船補償金などというのは、ありえない。
そこで、久慈の会長は、トロールを外来船、県外船とみなしていい、とも言っていた。

彼は、その他、私にたくさんのことを言ったのだが、こういうことだと思う。
問題は、税負担の問題なのだ。
みんなの貴重な税金を使って減船補償金を出すくらいの指定漁業というのは、私たち小型船からみれば、とんでもない相手なのである。
岩手県沖合いの小さな海底の凸凹を平らにし、ガマツの林をなぎ倒し、魚類資源を減少させている張本人たち。
彼らは、地元沖合のことを考えず、ただ船を毎日動かし、1円でも多く水揚げしようとしている。
そんな事業者を、所在地が同じ岩手県であろうとも、地元船とみなすわけにいかない。
しかも、話し合いのテーブルにつこうとしないのだから、ますます、小型船にすれば、頭に来るのである。

たまには、違う人たちの話を聞くのも、頭の栄養になる。
税金を使った事業の話なると、私はリバータリアンであるから、久慈の会長に賛同せざるをえないのである。




posted by T.Sasaki at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LGBTにも、税金が使われていたのか

再び。

「リバータリアニズム入門」という本を、再度読んでいる。
津波前の貴重な蔵書であったものを買い戻し、また、復習の意味も兼ねて読んでいる。
以前に書いた本の紹介文は、これ。

http://milky.geocities.jp/umaimono_tabetai_hito/tubuyaki-jiritushugi4.html
http://milky.geocities.jp/umaimono_tabetai_hito/tubuyaki-jiritushugi5.html

税金というのは、貴重なのである。
私たちの労働で得た収入の中から、強制的に徴収されるから、それを執行する側は、慎重に使うはずである。
そこで、湯水のように公務員たちに浪費されると、誰しも怒りを覚える。
これが、徴収される側の素直な感情なのである。

国民に対し、いろいろな押し売りを政府(政治家)=官僚=公務員がやる。
「こうやれば、みんなが幸せになりますよ」と。
行政組織はどんどん大きくなり、税負担する側が苦しくなる。
それに反対するのがリバータリアニズムであり、この政治思想を持つ各個人のことをリバータリアンという。

現在の財政赤字に言及すると、その原因は、行政組織の押し売りに対し、各国の国民が反対しなかったことに原因がある。
日本で言えば、このことを明確ではないにしろ、いろいろと疑義を呈したのが、小沢自由党であった。
しかし、みんな、ぶら下げられたニンジンがほしい。
そんな人が多すぎたから、日本は、財政赤字大国である。
こんなことを今さら書いてもしようがないが、書く動機のというのは、もちろんある。

杉田水脈(「みお」と読むのか!読めないよ)議員が、LGBTで、大炎上していたようだ。
LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーのことらしい。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/07/lgbt-7.php(「ニューズウィーク日本版」https://www.newsweekjapan.jp/

しかし、私は、これを、一部その通りだと思う。
こう書くと、炎上の的になるだろうが、私自身、独身で、「生産性のない」人間である。
「お前、体がおかしいんじゃないか」とは、よく言われてきた。
それに対する感想は、「そう言われてもしかたないか」程度である。
これを人権無視とは思わないし、慣れっこで、もう飽きた。
大体にして、いくら小額にしても、LGBTに税金が使われているとは知らなかった。

何度も書くが、他人が納めた税金というものは貴重であり、大事に使わなければならない。
生産性があろうとなかろうと、つまらない福祉政策に貴重な税金をつぎ込むことを、世界中のリバータリアンは、反対する。
LGBTの人たちやそれに関連する人たちは、ただ単に杉田議員の言い方が悪い、と怒っているとは思うが、もし、税金をもっと自分たちに使え、というのなら、それは間違っている。

この件は、過剰福祉社会が生んだ、バカくさい言い合いではないか、と私は思うのである。

「LGBT?」
「そうなの?勝手にやりなさい」

みんな忙しくて相手にしたくない。
posted by T.Sasaki at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鮭延縄は救われた

こんばんは。

まずは、私や宮古地区の鮭延縄漁業者にとって、うれしいニュース。

https://mainichi.jp/articles/20180930/k00/00e/040/176000c(「毎日新聞のニュース」)

これでまずは、朝縄の被害は、かなり少なくなる見込み。
posted by T.Sasaki at 20:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

データ通信を上手に使え

こんばんは。

2日前、久慈から南下して、大槌沖まで調査して、するめいか1匹も釣ることができなかった。
天候もよくない予想なので、思い切って、生まれた造船場のあるところ、気仙沼に船を上架した。
哀れなもので、いか箱1箱もプレゼントできない。
台風の日までいる予定だが、どうなるか。
もう、船底の手入れは終わったから、あとは暇仕事だ。

政治家の誰かが、ケータイ料金が高い、とかやっていたが、それは真実だと思う。
特に、大手各社のパケット料金が高すぎる。
これは、私が前にも記したと思うが、モバイルルーターで光回線などのプロバイダー契約だと、パケット料金はかなり割安である。
以前は、ぷらら、というNTT系のプロバイダーのモバイルプランWi-Fiで、割安のギガパックを利用していた。
ところが、このぷららが、モバイルプランサービスをやめてしまった。
同じNTT系列のドコモから圧力がかかったのかもしれない。
そこでぷららからは、NTT系のOCNのモバイルプランを勧められたが、支払い方法として、ここには、銀行口座引き落としはなく、クレジットカード払いしかない。
クレジットカードを私は使えないから、楽天モバイルを使うことにした(クレジットカードは、「独身」「自営業」「中年以上で利用履歴がない」と書類審査で落ちるのだ!事業の内容とは関係ない!金融機関に勤めていた人から聞いた)。

その楽天モバイルは、かなり割安である。
データ通信のみ利用の場合、5ギカで1450円である。

https://mobile.rakuten.co.jp/fee/alacarte/?l-id=fee_pc_alacarte(「楽天モバイル」)

大手各社は、スマホ利用の場合、強制的に、ギガパックを付ける。
これが、異常に高いと思う。
私が、スマホを使わないで、ガラケーを使う理由はそこにある。
友だちと長時間、時間を気にしないで電話するから、かけ放題は非常に好都合。
しかし、ネット情報も捨てがたい。
モバイルルーターも持っているから(ほぼ船に置いている)、データ通信の安い楽天モバイルを利用する。

もし、大手ケータイ会社が、ギガパックを外してくれるなら、すぐにでもスマホに変えて、データ通信は楽天モバイルのWi-Fi。
もしくは、ギガパックを楽天モバイルくらいに安価でなくても、せめて、5ギガで2000円くらいなら、そのまま契約してもいいと思う。
今のままだと、その辺にデータ通信端末を持ち歩く場合、モバイルルーターも必要であり、3台の通信機器を持ち歩くのは、うっとうしいからである。

男は、ろくにバックみたいなものを持ち歩かないからそう考えるが、女の場合、バックにモバイルルーターを入れておいて、ガラケーでかけ放題の電話を持ち、中古スマホで、モバイルルーター接続を利用し、3台利用が可能である。

今や、公衆Wi-FiやコンビニWi-Fi、会社のWi-Fiが多くなっているから、その気になって上手に使えば、ネット通信は安く使える時代である。
本当は、大手ケータイ事業者は、ぼろ儲けをやめる時期に来ているのだ。




posted by T.Sasaki at 19:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

体でお返し

こんにちは。

昨日、Y丸さんの縄さやめのお手伝いをしたと書いたが、Y丸さんが、後からお礼に日本酒を持ってきた。
彼は、とんでもないお人よしである。
こちらも、まさか焼酎のお返しをするわけにもいかず(彼は焼酎が大好き)、体でお返しすることにした。
朝から、再び、縄さやめのお手伝い。

二人でやっていると、必ず、通行人が冷やかしに来るのだが、今日の収穫は、パチンコ屋の話。
通行人の一人は、パチンコ屋大好き人間。
しかし、自分は、パチンコを一切やらないのだという。
暇な時に、パチンコ屋を徘徊して、やっている人の性格や言動を伺うのがおもしろいのだという。
人間性が見えてくる、とか(この人もちょっと・・・笑)。

そして、その人の言うには、結論として、「パチンコをする人の多くは、ウソをつく」のだそうだ。
私は、パチンコのやり方もわからないくらいだから、その人の話を鵜呑みにしてしまう。
実際、やめていった乗組員の中にはパチンコ好きがいて、「ウソくさい話だなあ」と思うこともしばしばだったが、「まあ、信じてやろうかな」と。
しかし、あとで、真っ赤なウソだと教えられると、「人を信じすぎるのも良くないかなあ」と思うのだ。
しばしば、友だちにも、「お前は信じすぎるよ」と指摘されたりもする。

現在の乗組員もパチンコ好きで、簡単にわかるようなウソをつく。
月末になると、カネが枯渇するのか、非常におとなしくなって、休みでも街に出歩かなくなる。
今、久慈のお祭りの最中であり、かわいそうなので、給料とは別のお小遣いをあげてしまった。
ただし、「今日はパチンコをしないでね」と釘をさしたが、どうなったか。

Y丸さんへの体でのお返しは、板子修理も含まれる。
というのも、昨日の雨降りで、Y丸さんの船上で転びそうになり、踏ん張ったら、板子が壊れた。
その前に、Y丸さん自身も1枚壊していた。
そこで、一気に2枚、交換。

他船の板子.JPG

私の船は、造ってから25年も経過しているが、まだ、新造の時の板子もある。
丸竹造船所(で生まれた船)の社長は、嫌味なのか褒めているのかわからないが、「ずいぶん手入れがいいんだなあ」と言っていた。
たぶん、板子を毎年洗うからかもしれない。
さすがに、25年目の板子は薄くなっていて、いつ壊れるかわからないので、板子の材料は、常に船に積んでいる。

しかし、他船の板子を作ったのは、生まれて初めてである。


posted by T.Sasaki at 17:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

飲み屋のネーチャンの商品価値 2

再び、こんばんは。

あまりに暇なので、いつも係船でお世話になっているY丸さんに電話をし、たら縄の縄さやめを手伝わせてもらうことにした。
何時間も一緒に並んで座って、話をしながら手を動かしているから、いろいろな話をする。
その中で、女の話にも話題が振られる。

私が一人の嫁さんをもらえないのはもちろん話題になるのだが、世の中、上手な男はいっぱいいる。
いとこの嫁に手を出して、そのカップルは結局、幸せになり、嫁をとられた男も、めでたく別の嫁と結ばれた、という話を聞かされた。
羨ましいとしか言いようがない。
彼らには、そういう才能に恵まれているのだろう。

ところが、女に関して、逆に不幸になった例もある。
飲み屋のネーチャンに振り回された男である。
私より一回り以上年配の方が、飲み屋のネーチャンにおだてられ、ちやほやされ、頭がおかしくなったらしい。
結局、精神病院に入院し、薬を処方される破目になっている。

飲み屋のネーチャンの商品価値」は、そのまま真実である。
だから、ほどほどに割り切って、遊んだほうがいい。
ある人は、「飲みに行くのは、騙されに行くんだ」と強がっている人もいるが、頭がイカれるくらいの人がいた、という事実をよく肝に銘じておくべきである。

逆に、客を、精神病院送りにするような話のしかたは、あまりよくないのではないか。
ネーチャンたちの商品価値とは、こんなものなのかもしれない。
しかし、人間の正気を奪う酒の力を借りて商売をするのなら、少しは、「これ以上は、よくないよ」という自制心をもっていてもいいような気がする。
今日の話を聞いて、犠牲者を、ちょっとかわいそうな気がした。


posted by T.Sasaki at 19:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

趣味は「旅行」?

こんばんは。
昨日は皆無で、今日は時化休み、そして、明日は市場休日。
3連休で、かなり暇状態。

深刻な大不漁でも、漁師はちゃんと朝起きて呼吸し、ご飯と食べ、何かをやっている。
余裕のある人たちはパチンコで出かけ、2号を持っている色男たちは、そこへ行く。
私にはそんなカネもないし、色男でもないから、読書したり、テレビを少し見たり、ネットニュースを読んだりしている。

ネットニュースを読んでいて、ちょっとした中国人の話に目がいった。
人間の心というのは、こういうものなのだなあ、とつくづく感じる。

http://news.searchina.net/id/1665994?page=1(「サーチナ」)

私が「とんでもない出来事」で取り調べを受けた時、事件の供述調書とは別に、身上調書というのを取られる。
その中で、「趣味は何ですか?」と問われて、困ってしまった。
何もないのである。
まさか「仕事」と答えるわけにもいかず、少し考え、「そうねえ、ブログ更新が趣味かも」という話になり、それからまた少し考え、「旅行」と答えた。
この「旅行」は、まだ実行していないものだ。
「この通り、捕まったことだし、若い時は休みなしで仕事をしたから、これから時間を作って旅行したいから、旅行と記してもいいかなあ」と言ったら、そのまま、旅行と書いたと思う。

贅沢なのかもしれないが、1年にたった一度、私は温泉に行く。
だいたい3泊ぐらい、山奥のあまり人が来ない静かな所へ行く。
いわゆる秘境という所だ。
そこで、読書しながら、温泉に浸かり、一杯やって寝る。
1年に一度の贅沢だと思っている。

こういう時間というのは、いろいろと考える余裕ができて、精神的にも楽なのだ。
精神的に楽なのは、体にもいい。
中国人のこの母親が日本に遊びに来て、体がよくなったというのは、ウソではないと思う。



posted by T.Sasaki at 19:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

八戸花火大会

再び、再び。

8月の話だが、久しぶりに八戸で花火大会を見た。
この時、パッと北海道に移動しなかったため、大漁を1日逃した。
北海道へ行った途端、八戸前沖で、若干の好漁があった。
酔っ払って、花火を見たとばっちりである。
でも、こんなものだろう。

負け惜しみでみんな言っているが、北海道の許可実績を作ったから、今度の許可更新は安心である、ということにしている。
失敗したら、プラス思考でいいほうに考えないと、頭が本当におかしくなる。

八戸花火1.JPG

八戸花火2.JPG

八戸花火3.JPG

八戸花火4.JPG
posted by T.Sasaki at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

震災モニュメント

再び。

久慈港で係船している場所のすぐそばに、諏訪下公園があり、そこには,、3.11大津波のモニュメントがある。

震災モニュメント.JPG

これによると、諏訪下地区の波高は9.5mであった。
一方、明治三陸大津波の大尻・二子地区の波高は23mである。

震災モニュメント2.JPG

大尻・二子地区というのは、NHK朝ドラ「あまちゃん」の舞台である小袖地区の手前にある。
小袖地区と同じように、家はかなり高い所にあり、明治三陸大津波で、あそこだけ残ったので、みんな高台へ移ったのではないか、という話を聞いた。
見上げるような高さに家があるのだから、ちょっと想像を絶する。
したがって、もし、そんな波高の津波が来たら、東日本大震災の比ではなく、久慈の市街地は消滅してしまう。
したがって、今から、都市計画を見直したほうがいい。
もっと山のほうへ市街地を発展させるべきだと思う。
現在は、バカみたいに防潮堤のオンパレードだが、先人たちは、さっさと高台移転していたのだ。
宮古市で言えば、重茂の姉吉地区がいい例である。
「此処より下に家を建てるな」という先人の教えは有名である。

http://memory.ever.jp/tsunami/tsunami-taio_307.html(「東日本大震災の記録 大津波の悲劇・惨劇の報道を追う」)

人口減少の未来を考えるならば、防潮堤やバカでかい水門を作るより、順次、高台移転を進めたほうがいい。

ここからは余談で、宮古市役所のことを書くが、あの市役所の立地は最悪である。
今後の地球温暖化で、洪水被害は多くなると予想され、閉伊川氾濫の可能性は否定できない。
新設された山口から宮古病院までの道路沿いに、市役所を置いたほうがベストであった。
津波は絶対に来ないし、閉伊川の氾濫が起きても、市役所は機能する。

県と宮古市長のごり押しで、閉伊川堤防のかさ上げより、閉伊川水門建設を決定した。
市民の選択は、閉伊川堤防のかさ上げだったのに。
そして、今度は、閉伊川堤防のかさ上げもせずに、そのそばへの市役所移転。
近隣には、パチンコ屋のでかい建物もある。
私の口癖の一つに、「君、頭おかしいんじゃないの?」というのがあるが、本人を前にして、「市長は頭おかしいんじゃないの?」と言ってみたい。
まるで、市役所の職員や来客に対し、パチンコ屋への無駄な投資を促しているようなものである。
posted by T.Sasaki at 18:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十数年ぶりの久慈入港

久しぶりに、こんにちは。

十数年ぶりに久慈に入港して、しばらく水揚げしている。
いろいろあったが、久慈に来ることになったのは、突然の話であった。
翌日が休みだったため、友だちの飲み屋で一杯やっていたら、ケータイが鳴り、「あまり飲むな。明日4時頃、移動するからな」。
言われるまま久慈に来たら、それが正解。
久慈沖で少々の漁に恵まれた。
小さな港はどこもそうなのだが、あまり船が多くなると、入港規制がかけられ、大漁でも入港できなくなる。
私が連れてこられた時は、外来船は、まだ1隻しかいなかった。
それが翌日には、一気に混み合った。
紙一重で、ケータイを鳴らしてくれた人には感謝している。

以前にいた参事は定年退職したようで、職員もほとんど知らない顔ばっかりだが、ここの市場職員のやる気というのは、相変わらずである。
水揚げや仕込みが終わって、近くに係船するときでさえ、走ってきてもやいをとってくれる。

久慈船団は、2そう曳きトロールに反対していて、かけまわしに転換するのを主張している。
その種をまいたのは私なのだが、そのためもあって、非常に気分がいい。
posted by T.Sasaki at 18:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする