日本の漁業が崩壊する本当の理由 片野歩

世界中で魚類資源が増えているのに、日本だけが減っている。
この現実を、恥ずかしいと思うべきである。

日本の漁業が崩壊する本当の理由.jpg

すべての漁協組合長、理事、参事、そして、任意の漁業団体の会長以下すべての役員たちは、この本を読むべきだ。
読みたくないならば、「日本の漁師は大バカものだ」を参照すること。
これを認識できないならば、役職に就く資格はない!

2009年05月08日

繋温泉

みなさん、こんばんは。

今日は、リフレッシュな気分で、嫌な仕事から始めました。
FRP(強化プラスッチク)の仕事です。
15年以上も経つと、漁船もあちこちほころびが出ます。
ちっちゃいのは、自分で修理しないと、カネがどんどん手元から出ていきますし。
リバータリアンは、可能な限り、自分でできることは自分でやるんです。
本当は、本当は、やりたくない。
ここを読んでいる人は、100%やったことがないと思いますが、体中、イカイカして、手はガサガサ。
嗅覚もおかしくなって、食べ物も、有機溶剤の香りがするし。

リバータリアンといえば、ブログ「心に青雲」も、リバータリアン的だなあ。
書いてあることからして、たぶん。
最近読み始めたので、過去ログは読んでないけれど、でも、彼の書いていることに、私は好感が持てます。



さて、温泉報告で〜す。

http://www.geocities.jp/eyes_okiniiri/onsen.html

繋温泉は御所湖畔にあり、湖のそばには、大きな温泉ホテルがあります。
私は、あまり大きなホテルを好きではありません。
まず、源泉かけながしは、期待できませんから。
そして、飯が豪華すぎる。
あれを、2日も食べたら、動けなくなりますよ、太って。
温泉にきて、不健康になって帰ったら、バカくさい。
それこそ、「心に青雲」ではないけれど、ボケといっしょに、デブになったら大変(笑)。

繋温泉側から御所湖を眺めれば、岩手山が自然と見えます。
最近は、火山活動も落ち着いたようですから、健康のために登ってみてもいいと思います。
登山もいいものですよ。
山小屋に泊まってくるのも、またいい。
あの寒さを経験するのもよし。
雲海から朝日が昇るのも、よい眺め。



それから、話は変わりますが、じゃじゃ麺は、うまい。

http://www.geocities.jp/eyes_okiniiri/jajamen-todakyu.html

ではでは〜。
posted by T.Sasaki at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手を売り込め! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

「久慈ありす」ちゃん

三陸鉄道をよろしく。
「久慈ありす」ちゃん祭り。

http://morioka.keizai.biz/headline/433/(「盛岡経済新聞」)

1位 「岩手県知事賞」
  多田穣司さん(岩手県滝沢村)の作品

  「GO AHEAD

2位 「トミーテック賞」
  rizさん(神奈川県横浜市)の作品

  「welcome to SANRIKU

3位「久慈市長賞」
  Hirahitoさん(東京都調布市)の作品

  「三陸のアイドル、久慈ありす

4位「三陸鉄道社長賞」
  角館秋月さん(香港)の作品

  「元気いっぱい出発進行!



これで、観光客が三鉄に乗るかどうかは、ちと、自信がない。
でも、話題性はある。
posted by T.Sasaki at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手を売り込め! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする