日本の漁業が崩壊する本当の理由 片野歩

世界中で魚類資源が増えているのに、日本だけが減っている。
この現実を、恥ずかしいと思うべきである。

日本の漁業が崩壊する本当の理由.jpg

すべての漁協組合長、理事、参事、そして、任意の漁業団体の会長以下すべての役員たちは、この本を読むべきだ。
読みたくないならば、「日本の漁師は大バカものだ」を参照すること。
これを認識できないならば、役職に就く資格はない!

2017年01月16日

金持ちの詐欺

こんばんは。

宮古市では、東日本大震災の被災者に対し、今年も、医療費をタダにする、というお触れを出した。
紙切れ一枚を医療機関で提示すれば、タダ。
「まだやるの?」という人は、私だけではない。
最近になって、ちらほら言うような人が出てきている。
これが、その紙切れ(ただし、これは昨年のもの。コピーできないように、紙質が違っている)。

医療費タダ証明書.jpg

何度かここでも書いているが、医療機関で受診しても、私はこれを使ったことがない。
震災直後から、ちゃんとした収入があるからだ。
医療費を払えるくらいの稼ぎは、十分やっている。
これらの医療福祉は、本来、困っている人や本当の弱者、そして、障がい者を、健常者が助けるためにある制度だ。
健常者でも、いずれは、弱者になる。
その前に、まず、強きは弱きを助ける。
これが社会福祉制度の基本的な思想である。
このことをちゃんと理解するならば、所得税を納めているような人間は、この紙切れを使うべきではない。

今日、ちょっとしたことで、宮古市より南の仮設住宅を訪ねた。
その地区は、以前からみれば、復興工事に活気があるように感じられ、今年中には、ほぼ道路や宅地造成は終わるだろう。
他の被災地と比べれば、宮古市の復興は早いと感じる。

久しぶりに仮設住宅に入り、コーヒーをご馳走になったが、非常に嫌なことを聞いた。
詐欺である。
世の中、ずるい人間がけっこういるものだ。
住宅ローンの利子補給の補助金詐欺である。

東日本大震災の津波で家を流失した人が、住宅を建てて住宅ローンを組んだ場合、各市町村で、その利子を補助してくれる。
その補助された利子は、もちろん、住宅ローンを組んだ金融機関へと支払われるわけだが、これのほぼ9割方を懐に入れる“被災者”がいるらしい。

私も、住宅ローンを使い、利子を補助してもらっている。
景気が良くて、繰上げ償却できる場合、残りの利子補助分は、返却すべきものである。
ところが、最初からカネのある人は、これを懐に入れるべく、いろいろと策略を練るのだそうだ。
知恵の働く人は、ピンと来ると思うから、これ以上は書かない。

これをやっている人は、恥を知れ!

復興財源は、日本全国の労働者から、復興増税約2%徴収した分に含まれているのだ。
日本人みんなが、「被災者はかわいそうだ」ということで、税金を納めている。
「私たちは助けられている」と感じるのなら、懐に入れた分をちゃんと返せ!
「私たちは助けられている」と感じないのなら、日本人をやめろ!

医療費をタダにする紙切れの第4項に、「不正にこの証を使用した者は、刑法により詐欺罪として懲役の処分を受けます。」とある。
利子補給補助金の不正受給は、詐欺である。
公金横領である。
何度も書く。

恥を知れ!

話を聞いて、仮設を出た時、その感情を覚ますように、雪が降ってきた。
大雪にならなければいいが。
posted by T.Sasaki at 20:01| Comment(2) | TrackBack(0) | イイカゲンにしなさい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

パチンコからカジノへ

またまた、こんばんは。

昨年暮れに、カジノ法案が成立したらしい。
こんなことをやっていたら、ますます日本は弱体化する。
日本は、マンパワーの国だ。
日本人に、巧みの技術を育む勤勉さがなくなったら、何もとる所がない。

検索してみたら、カジノ法案をうまくまとめているページがある。

カジノ法案の内容と、反対派の問題点・賛成派のメリットとは(「CRISPY TREND」)

正しくは、IR推進法というらしいが、IRという英文字は、統合型リゾートの意味である。
リゾートといえば、同じようにリゾート法で、赤字施設をたくさん生んだ。
カジノを含んだリゾート施設が、それを乗り越えて、成功するのだろうか。
乱立すれば、まず、過去と同じ目に遭う。

ギャンブルは、労働者をダメにする。
仕事のない時間にギャンブル漬けだと、仕事の最中も、頭の中はギャンブル。
困ったことに、ゲーム中毒やスマホ中毒が追い討ちをかけ、夜の睡眠不足も生んでしまう。
翌日、散漫な動きから、事故が起きることもあるだろう(実際にある!)。

パチンコ中毒の人間は、カジノ中毒にも陥るだろう。
彼らは、パチンコを楽しむのではなく、「勝った負けた」だけに熱中しているのだ。
試しに「パチンコを好きなら、パチンコ台を買って、やったほうがいいんじゃないの?」と聞いてみるとよい。
その答えを聞けば、純粋にパチンコを楽しんでいないことが理解できるはずである。

カジノ法案を成立させたのは、労働現場を知らないお坊ちゃま議員たちだ。
目先のことしか考えていない。
立法府の人間としては、無能としか言いようがない。
posted by T.Sasaki at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | イイカゲンにしなさい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

カネのかかる震災遺構は、ほどほどに

みなさん、こんばんは。

たろう観光ホテルの震災遺構は、税金の無駄遣い」は、ちょっとカネの出所が違っていたかな。
復興交付金を申請していたんですね。
ちなみに、平成26年度の宮古市予算では、1億7559万円が、たろう観光ホテルの遺構に使われます。
どんな形のカネにしろ、公の使うカネはすべて、みなさんの税金には変わりありません。
やっぱり、私は税金の無駄遣いだと思います。
その上、寄附金まで募っている。
やりすぎじゃないの?

http://www.city.miyako.iwate.jp/fukkou/comsinmiyako_2_2.html(「宮古市ホームページ」)

こんなことよりも、ソフトパワーのほうが、ずっといい。
前に書いたように、人間は、いろいろな媒体に記録する方法を開発しており、これを利用しない手はない。
だから、震災遺構などなくてもよい。
田老地区の場合、震災遺構に対する税金投入は、すべてたろう観光ホテルのために費やしたようなものです。

調べてみると、意外にも、国土交通省が粋な計らいをやっていました。

震災伝承館(「国土交通省 東北地方整備局」)

もう一つ。
「語り部」というマンパワーを使った企画もあり、これこそ、生きた伝承方法です。
人を動かす、という方法を考え、実際に、人が動くこと、これが地域振興。

震災・語り部ガイド(「いわて三陸観光復興プラットフォーム」)


田老には、東日本大震災で役に立たなかった防潮堤という立派な震災遺構にもカネを投下しています。
大きな二重の防潮堤が役に立たないなんて、これ以上、津波の恐怖を示すものはありません。
たろう観光ホテルの遺構はダメ押し的であり、税金がもったいない。

さて、田老地区出身の山本市長は、市長をやめたら、元通り、田老地区で歯医者をやるのでしょうか。
やらざるを得ないでしょう。
田老地区を活性化させるため、たろう観光ホテルを支援したんですから。

どこでやるのかなあ。
巨大な仮設住宅のあるグリーンピア田老地区かな?
それとも、、宮古に近い樫内地区かな?
興味ありますね。

私は、権力者には、意地悪なのです。
「私は市長の山本です」というあの声を、ぜんぜん聞きたくなかった。
そして、もう聞きたくない。

あ〜、宮古は人材不足!

ではでは〜。
posted by T.Sasaki at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イイカゲンにしなさい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

たろう観光ホテルの震災遺構は、税金の無駄遣い

みなさん、こんばんは。

今週のイサダ漁は、休みなく操業しましたが、木曜日には袖網をヘラ巻きし、宮古漁協のさち丸に曳航され、造船工場に上げて、網をはずしました。
下手くそ!

今日は潮が悪く、たぶん、袖網に身網が絡まったんだと思いますが、身網を破り、2回だけ網を使い、あえなく帰港。
下手くそ!
夕方まで修理しました。

トラブルがない日は、大体100カゴ前後で、木曜日と土曜日はたったの30カゴ。
今月は、乗組員の給料を払って、燃料代を払って、何も残らず、私はただ働き(泣)。
来月は、たぶん、赤字。

さて、超赤字組織である宮古市は、またまた赤字を増やすそうです。

http://mainichi.jp/select/news/20140309k0000e040148000c.html(「毎日新聞」)

今日の新聞広告に、共産党のチラシがあり、その中に、たろう観光ホテル震災遺構案に対する賛成反対の議員一覧表が載っていました。
そこで、話題遅れですが、このことを書こうと思いました。

あんなものを見なければ、人間は、津波の恐ろしさを思い出すことができないのでしょうか。
今や昔と違って、津波災害は、いろいろな媒体に保存されています。
それを見るだけで、どんなものなのか、わかるはず。
いつまで、あんなものにカネをかけて保存するのか知りませんが、その辺の期限を、山本正徳宮古市長に聞いてみたいものです。
まさか、永久にカネをかけるなんて、バカなことを考えているのかしら。

土地を宮古市に売却した松本勇毅社長は、長く保存してもらいたいらしい(その分、税金いっぱい出しなさいよ)。

https://www.youtube.com/watch?v=DQ1PAtKvQKw

宮古市の田老地区も、震災前からすでに過疎進行地域であり、そして宮古市全体もそう。
人口がどんどん減るのに、この震災遺構の維持費用がプラスされるから、それは増税で補うか、それができなければ、他の予算を削るしかありません。

新しい事業をする、ということは、つまりは、増税。
非常に簡単な論理です。
しかし、こういう考えを持つ議会議員が、宮古市にはほとんどいないんですね。
いつだったか、「新しい事業をする、ということは、つまりは、増税なんですよ。」と、ある市議会議員に言ったんですが、わけのわからない感情的な返答をされました。
ああいう議員には、何を言っても無駄です。
自分の考えを押し通すことしか頭にないんですよ。
ろくに政治関係の本も読んだこともないくせに。

みなさんは、たぶん、「被災地がかわいそうだ」と勘違いしています。
現実は、立ち直ろうとする人と「何でもただで欲しがる」人とに、両極化しているのです。

そして、カネもただで欲しいそうです。

ここまで来ると、考えようによっては、詐欺師のほうがまだマシかな?
だって、騙そうと知恵を絞るんですから。

え?
カネをただで欲しがる人も、知恵を絞っているって?

ホント、そうなんですよ。
あきれるくらい。

ではでは〜。
posted by T.Sasaki at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | イイカゲンにしなさい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

被災地の真実 4

被災地の真実 2」のドロボー的土建業者のことで、今、ふと思い出しました。

沿岸の復興には、漁業が必要!」で書いたように、気仙沼へ行ってきましたが、そこで聞いたのは、何と、ドロボー的土建業者があまりに多く、重機1台につき、警察官が1人ついて、その作業を監視したそうです。

上には、上がいるようです。

いいかげんにしてくださいね。

ではでは〜。

雷
posted by T.Sasaki at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イイカゲンにしなさい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

「震災価格」

みなさん、こんばんは。

巷のニュースでは、TPPが流行っています。
私の立場では、もちろん、No!

経団連は、ずるい。
もし、TPPがOKでも、超円高だから、大企業はどうせ海外へ工場を移し、生産をジャンジャン伸ばす。
一方、TPPの影響をもろに受ける在日企業は、倒産リスクが大きくなる。
経団連は、日本の国を売るつもりらしい。

その経団連、彼らは、福島原発の事故後も、原発を続けてほしい、と確か言ったはずだ。
彼らには、愛国心というのがあるのでしょうか?



さて、会社というのは、大きくなればなるほど、傲慢になり、今回の震災でも、震災価格を付け、震災景気に沸いています。
日本の企業もこんなものなのかなあ、と落胆し始めました。
まるで、同じ日本人じゃないみたい。
それは、仮設住宅建設にまで及び、不幸を利用した税金搾取価格を付けています。

http://hnds.jp/1277

↑読んでみました?
職人や納税する一般国民を、かなりバカにしていると言えますね。

私が名づけた「税金搾取価格」は、漁師の間では、「震災価格」と言っています。
いろんな工事料金が、通常の価格よりかなり高く、倍以上しているものもあります。

その背景にあるのは、震災復興予算。
今回の震災で、運悪く船を失った人が、新造船をやった場合、9分の8が補助されます。
1億の船を作れば、手元からは、1111万円しか出さなくていい勘定。
だから、オンボロな船に乗っていて、それを流失、または大破すれば、豪華な船を造ることができます。
これを逆手にとって、仕事を請け負う側、この場合、造船所になりますが、彼らは、請求価格を通常より高めに設定します。
エンジンメーカーもそうかもしれませんし、無線機メーカー、魚探ソナーメーカーなども、そうかもしれません。
とにかくわかっているのは、造船業界のこと。

漁船保険適用の漁船修理もそう。
すべて震災価格。
修理費用が、通常の倍はしています。
私は、ほかの人からそれを聞いてびっくりしています。
そのため、鮭延縄に使う船尾の小屋の屋根を、自分で作り、ようやく昨日完成しました。
あとは、イカ釣りに艤装を解き、その屋根を乗せるだけ。

漁船保険を使えばいいじゃないか!と言われそうですが、それはもう、イカ釣りの艤装の時に使っちゃった。
本当は、全部、修理などを終わってから、保険請求すればよかったのですが、なにせ、仕事をしてくれた業者に支払う現金がないから、使えるものをかき集め、できるだけ経費を減らし、早く日本海へ行って、イカをとらなくちゃいかん、ということでしたので、とても待ってられない。
(でも、結局、組合職員の手際の悪さで、まだ保険金が下りてこない。あ〜、疲れる。あれでよく給料もらってんなあ)。

私など、泥の中から、使える道具をそのまま船に据え付け、泥のついたまま日本海へ行きましたよ。
ほかの人たちは、新品。
しかも、私が仕事をしてもらった業者の請求は、普段の良心的な請求額。
良き、保険の利用者です(笑。正直者はバカをみる?)。

でも、被災した企業が、震災価格を付けるなら、まだ話はわかりますが、そうでない場合、その企業は、ぼろ儲け。

そこで話を戻し、再び造船業界の話。

宮城県、福島県には、FRPの新造船をやる造船所が、5社ぐらいもあるのかな?
そこは、全部、津波で破壊されました。
そのため、私の船の誕生した気仙沼丸竹造船所でも、「新造は無理」と断っているそうです(大丈夫、みんな生きていた!)。
9分の8補助事業は、震災後2年間だけの話であり、被災造船場が、その設備をするには時間がない。
被災しない造船所がぼろ儲けする構造は、このことからもわかると思います。

そこで、丸竹造船所の社長に、私は進言しました。
「この現状を説明し、被災造船所の場合、補助適用期間を5年くらいに延ばしてもらったらどうか。理由付けははっきりしているのだし、本当の「復興」は、こういう制度変更にあるんじゃないのか」と。
どうなったのやら。

一方、宮古市内には、非常に良心的な会社もあります。
それは、ずばり、村山電機。
そこは、むしろ、通常価格より安くしている、という話。
しかも、地元の零細企業を優先し、あくまで復興後のことまで考えてのことだとか。

みなさんの目も節穴じゃあないですよね。
どの企業がどういう行動をとるのか、よ〜く見ておきましょう。

ではでは〜。

雷
posted by T.Sasaki at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | イイカゲンにしなさい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

岩手日報にも責任があるかも

明日は、わが高浜地区のお祭りで、今日は、その前夜祭、とはいうものの、はっきり言えば、よみや(漢字がわからないけれど、日本語は“漢”字を使わなくてもいい)。
午後からは、うまいものの調達やその調理をしなければならないので、今のうちに書きます。



さて、おまわりさんたちの不正が、わが岩手では話のタネになっています。

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20091009_3(「岩手日報」)

記事中には、「職員による私的流用の有無は明らかにしなかった。」とありますが、正直に言えばいいのにねえ。

さて、「おまわりさんたちの罪」で書いた松橋忠光さんのことを、私は、今から12年前(私が33歳の時。若いですなあ)、岩手日報の日報論壇に投稿しようと原稿を送りましたが、ボツにされました。
今読めば、ヘタクソだなあ、と思わすにいられませんが、それでも、内容は、そんなに悪くない。
当時は、今みたいに電子メールなんてもので送ることができませんでしたら、原稿用紙を買って、それに書いて送りました。
そのコピーを転載!



 「わが罪はつねにわが前にあり」という本をご存知であろうか。元警視監松橋忠光氏の著書で、警察内部の問題を指摘し、未来の警察庁長官へあてた手紙でもある。中でも最大の問題点は二重帳簿方式による裏ガネ作りが巧妙に行われていることであり、それを「活動費」と称して分配し、互いの口封じの役割も兼ねているとしている。さらにこの裏ガネは「運営費」「協力費」などの名目で幹部に配られており、その中の一部が幹部警察官の転勤の際の餞別にあてられているという。
 この本が刊行されたのは1984年であり、今年の1月には「おまわりさんは税金トロボウ」というやはり警察の裏ガネを指摘した本が発売された。内容は裏ガネ疑惑を実際に裁判に持ち込み、警察が全面降伏した事実が書かれており、さらにその前段階の監査請求においての門前払いから監査委員が「不正を隠す防波堤」であると実証している。松橋氏の告発本から14年たった今も、警察の内部は反省なしに延々と不正が続いているのである。最近では熊本県警の裏ガネ事件が記憶に新しい。これらの警察体質は警察天下り先の日本交通管制技術の脱税事件をも生むことになる。
 本県の県警では不正のないことを願うが、残念ながら松橋氏の指摘では裏ガネ作りは中央から都道府県にわたる全警察組織において行われているという。そして警察は捜査のプロであると同時に反面教師的に隠匿のプロだともいう。
 全国で情報公開が進み、本県でも情報公開条例での公開対象が大幅に広げられる。目玉はわが国初の警察の情報公開である。どの程度公開できるのか詳細はわからないが、特に公金部分はすべて公開してほしい。よくプライバシーを理由に公開できないというが、裏ガネ作りに利用された人にとっては警察の不正の片棒を担がされたのと同様で、気分が悪いはずである。
 松橋氏は著書で警察のあるべき姿を論じており、それは警察法第1条、第2条の規定どおりの警察であるとしている。第3条ですべての警察職員はある宣誓書を提出することになっているという。第1条、第2条は興味のある方は調べて頂きたい。第3条の宣誓書の内容は次のとおりである。「私は、日本国憲法及び法律を忠実に擁護し、警察職務に優先してその規律に従うべきことを要求する団体又は組織に加入せず、何ものにもとらわれず、何ものをも恐れず、何ものをも憎まず、良心のみに従い、不偏不党且つ公平中立に警察職務の遂行に当ることを固く誓います」。何か感動を覚える文章である。警察官は本来、崇高な職業であり、これは宣誓書の内容からもわかることであり、小学生の希望職業の上位に警察官が入っていることもうなずける。私たちが警察の不正を糾弾しなければならないことは何と悲しいことだろう。



私の投稿をボツにした岩手日報の論説委員は、「わが罪はつねにわが前にあり」を読んでみたのでしょうか。
私の文章が、当時、かなり未熟だったのは、認めます。
しかし、内容を読んで、松橋忠光さんの本を読んでみようという気持ちが起こったのか、起こらなかったのか。
もし、岩手日報紙が、警察会計に対し、ある程度の疑義を呈し、その結果、県議会で取り上げたならば、今、報道にあるような「職員による私的流用」の可能性は、なかったかもしれません。
あ〜、もったいない。

「岩手日報」さん、しっかりしてくださいよ。
posted by T.Sasaki at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イイカゲンにしなさい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

メモ 19

なぜ、外資の銀行に公的資金が必要なのか?
それも、公的資金をつぎ込んで、外資に“提供”した銀行に!

http://www.mail-journal.com/20090506.htm(「週刊メールジャーナル
これで、国税を徴収できるのか?
これで、国税払う人、誰かいるのか?
posted by T.Sasaki at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | イイカゲンにしなさい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

おまわりさんたちの罪

おまわりさんたち!
いいかげんにしなさい!

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20090322_3(「岩手日報 Web News」)

ケイサツの不正経理のニュースですが、これに比べれば、県の補助金流用は、かわいいもの。
むしろ、補助金という制度自体に問題。
不正といえば、確かに不正。
しかし、その不正は、苦しい県の台所事情を考えてのこと。
流用した職員たちに、罪はないと私は思います。

それよりも、ケイサツの不正経理は、今に始まったことではありません。
何と、これも30年以上も前に告発している人がいます。
その人は、松橋忠光さん。
「わが罪はつねにわが前にあり」という題名からもわかるとおり、自身もその不正経理に手を染めていたことを彼は書いているのです。
この本は、本当は、大きな大きな社会問題になる可能性を秘めていたのですが、黙殺されました。
みなさん、知ってました?
ケイサツの裏金作り。
この本の初出は、1984年!
私が持っているのは文庫化されたもので、それでも1994年版。

もう35年も経っています!

黙殺してきたマスコミの罪は、ちょっと大きいですよ。

posted by T.Sasaki at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イイカゲンにしなさい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

イイカゲンにしなさい!

セクハラ!?」で、苦情の電話をした宮古市民をバカ扱いしましたが、マージャンバカ職員とマージャンバカ市議が加わりました。

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20090213_14

このマージャンバカ市議は誰だろう?

みんなで協力して、ちゃんと、雪かきをしなさい!
posted by T.Sasaki at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | イイカゲンにしなさい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする