日本の漁業が崩壊する本当の理由 片野歩

世界中で魚類資源が増えているのに、日本だけが減っている。
この現実を、恥ずかしいと思うべきである。

日本の漁業が崩壊する本当の理由.jpg

すべての漁協組合長、理事、参事、そして、任意の漁業団体の会長以下すべての役員たちは、この本を読むべきだ。
読みたくないならば、「日本の漁師は大バカものだ」を参照すること。
これを認識できないならば、役職に就く資格はない!

2018年10月05日

中古スマホは、アンドロイド5以上を

再び。

データ通信を上手に使え」で、データ通信用に中古スマホを勧めたが、アンドロイドOSの場合、バージョンは、5以上にしたほうがいい。
各アプリケーションソフトのアップデートで、アンドロイド4以下に対応していないのが多くなってきている。

悪質なのは、ブラウザ「Google Chrome」である。
タブレットをオールリセットして、最初からやり直ししても、このブラウザは、勝手にアップデートされる。
アンドロイド4で、アップデートすると、「新しいタブ」ボタンを押しても、そのタブは起動しない(アンドロイド5では、ちゃんと機能する)。
したがって、アップデートせずに、最古のバージョンがいいのではないかと思う。
以上のことから、だんだんとGoogle製品に不信感を持つようになってきている。
そういうわけで、下の余談にあるWindows10タブレットを使い始めている(が、困ったことに、しばらく使っていなかったために、PINコードを忘れてしまった。起動するのに疲れた〜)。



いつも余談を書くが、実は、今年新潟のビッグカメラで、Windows10の「ASUS」タブレットを買った。
キーボード脱着できるやつである。
珍しく衝動買いである。
といっても、衝動買いにも伏線があって、ドンキホーテに、同じようなタブレットがあり、店員には、「全国で売り切れ状態で在庫はありません」と。
その時は仲良しと一緒に行っていて、ついでに彼の大好きな酒を物色していたら、そこがビッグカメラ。
何で「ビッグカメラ」なの?
「ビッグカメラ」で酒を買うのは違うんじゃないの?

それから二人で、タブレット、PC売り場へ。
ドンキホーテ製品より、ずっとスペックが良く、一応、ちゃんとした「ASUS」だったので、「これ、いいなあ」「値段も申し分ない」(値段は後で書きます。?)。

買った〜。

これで、いちいちノートPCを持ち歩かなくてもいいから、VAIOは、セカンドストリートへ。
ところが、これも非常に安い(笑)。
たったの3000円。
およそ、買った値段の20分の1。
安い理由は、Windows7が、あと少しでサポートが切れるから。
心の中では、「確か、無償で、Windows10にバージョンアップできるんじゃなかったっけ?」
若い頃なら、Linuxを入れたりしたが、今はそんな元気がない。

悪いことは言わない。
サポートが切れるといっても、Windows7のPCは売らないで、Windows10に変えるべし(たとえ有償でもそのほうがいいと思う)。
ただし、ハードディスクではなく、SSDの場合のみ。
ハードディスクの場合、SSD搭載のPCに変えたほうがいいと思う。


posted by T.Sasaki at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。