日本の漁業が崩壊する本当の理由 片野歩

世界中で魚類資源が増えているのに、日本だけが減っている。
この現実を、恥ずかしいと思うべきである。

日本の漁業が崩壊する本当の理由.jpg

すべての漁協組合長、理事、参事、そして、任意の漁業団体の会長以下すべての役員たちは、この本を読むべきだ。
読みたくないならば、「日本の漁師は大バカものだ」を参照すること。
これを認識できないならば、役職に就く資格はない!

2018年06月13日

今年も鷲崎に来た

再び。

新潟という街は、まるで、漁港を中心にできあがった、と言ってもいいくらいである。
駅も歩いて20分くらいのところにあるし、スーパーなども近くにあり、食料品の仕込みはすぐにできる。
コンビニは、3分。
酒や産直(ぴあ万代)は、1分。
パチンコ屋は、5分。
飲み屋のネーチャンたちは、駅前と古町にいて、どっちも歩いて20分くらい。
カネを無くすには、もってこいの街である。

これに嫌気がさして、天候悪いのに、佐渡島の鷲崎に来た。
非常に静かだ。
世界が違う。

鷲埼漁港.JPG

そこで、「週刊現代」を読書した。
もちろん、鷲崎でこんなものを売っているわけもなく、新潟から持ってきたものである。
だいたいにして、佐渡島にコンビニがあるのかどうか。
15年くらい前に両津港に入ったことがあるが、その当時は、まだコンビニはなかったと思う。
したがって、まだ佐渡島でコンビニを見たことがない。
ということは、私の認識では、「佐渡島にはコンビニはない」のである。

「週刊現代」6月23日号の『75歳過ぎて「食べられなくなる人」の特徴』に、「肉より魚ばかり食べている」というのが書いてある。
「糖質制限ダイエット」もある。
まるっきり与太記事である。
週刊現代に限らず、週刊誌は、こうやってみんなを不幸にする。
私の父など、魚しか食べてこないのに、食欲がありすぎて困っているほどである。

黒い炭水化物」で紹介したように、魚は悪くないし、炭水化物でも、黒い炭水化物を食べれば、それでダイエット効果もあるから、もう糖質制限の話は古いのである。
果物も糖質多くて、それでも、ある特定の果物を食べなければ、太らないことがわかっている。

どの週刊誌記事に言えるのだが、たった数人の話を載せて、読者を誘導する手法をとっている。
「世界一シンプルで科学的に証明された食事」のように、何万人というデータから、結論を導くことがない。
黒い炭水化物」の後半の引用部分あるように、医者や栄養士は、これらの分野の知識が足りないのである。
ほんの数人の医者がこうだから、という話は、もう信用できるものではない。

(ただ、今号の『名医20人が自分で買って飲んでいる「市販薬」』を目当てに買ったから、まあ、いいか)。
posted by T.Sasaki at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。