日本の漁業が崩壊する本当の理由 片野歩

世界中で魚類資源が増えているのに、日本だけが減っている。
この現実を、恥ずかしいと思うべきである。

日本の漁業が崩壊する本当の理由.jpg

すべての漁協組合長、理事、参事、そして、任意の漁業団体の会長以下すべての役員たちは、この本を読むべきだ。
読みたくないならば、「日本の漁師は大バカものだ」を参照すること。
これを認識できないならば、役職に就く資格はない!

2017年10月23日

時化のもやいのとり方

再び。

今日の宮古湾は、北寄りの台風風もあって、波高し。
港へ何度か行って、もやい綱の効き具合を見てきたが、一応、役に立っていた。
今回の台風は、超大型、というから、マジメにこしらえておいた台風用のもやいセットを使った。

大きなうねりがある場合、単純に、太いロープを使うとか、ロープの本数を増やすとか、そんなことでは、良くはない。
船自身に「ガツンガツン」と堪えるから。
この表現は、わかる人にはわかると思う。
つまり、クッションが必要だということ。

ロープに加わる衝撃が強いと、それ自身が、切れる可能性もある。
だから、もやいの元に、古タイヤを使う。
岸壁や船でタイヤが使われているのは、そのためである。

もし、タイヤがない場合、どうしたら良いのか?

太いロープと細いロープ、つまり、丈夫なロープと伸縮性のあるロープの両方を使う。
丈夫なロープは最後の砦だが、伸縮性のあるロープは、クッションの役目である。
クッション役のロープが伸びていった時に、丈夫なロープが張るように設計して、係船するのである。
下撚りの強いものほど、ロープに伸縮性があるが、さつま加工(スプライス?って言ったけかなあ。あちら語で)がやりにくい。
しかし、下撚りの強いロープは、弱いものより、ロープの強度も強い(漁師以外の人は、何書いているかわからないかも)。

これは、昔から伝えられている、時化の時の係船もやいの知恵である。
そして、この「強弱」の利用は、沖合で操業する時の道具にも応用される。
posted by T.Sasaki at 21:49| Comment(0) | 漁業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。