日本の漁業が崩壊する本当の理由 片野歩

世界中で魚類資源が増えているのに、日本だけが減っている。
この現実を、恥ずかしいと思うべきである。

日本の漁業が崩壊する本当の理由.jpg

すべての漁協組合長、理事、参事、そして、任意の漁業団体の会長以下すべての役員たちは、この本を読むべきだ。
読みたくないならば、「日本の漁師は大バカものだ」を参照すること。
これを認識できないならば、役職に就く資格はない!

2017年09月10日

ドル危機がもたらすもの

再び、こんにちは。

アメリカ・ドルが、石油に価値を担保されていなかったならば、ドルは、今頃、国際基軸通貨としての地位にはなかった。
ドル紙幣を刷りすぎているから。
アメリカの債券を日本を始め、中国もたくさん持っている。
もし、日本や中国が、アメリカ国債をすべて売却したらどうなるのか?
その上、石油代金の決済を他の通貨でできるようになったらどうなるのか?
ドルの暴落、ドルの崩壊である。

次のリンク記事を読んでほしい。
北朝鮮問題で、アメリカは、徹底した経済制裁を中国にはできない。
ドル建て債券を中国が売却してしまうから。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52835

そして、北朝鮮とアメリカが、中途半端に手打ちしてしまったら、日本は窮地に陥る。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/09/post-8390.php

長距離弾道ミサイルの放棄は、アメリカを安心させるが、中距離ミサイルは、日本にとって脅威である。
北朝鮮の金体制が崩壊するか、北朝鮮が一人前の平和国家になる以外、日本は平和になれない。
常に、北朝鮮の言うことをきかないと、ミサイルの手段を使って、脅されることになる。
ドルの崩壊阻止のため、中国に逆らえないアメリカ。
こうなると、日本も自衛のために、発言すべきだ。

「日本もミサイル開発をやります。中国さん、それでいいんですか?」
「日本のミサイル開発を嫌ならば、北朝鮮を何とかしなさい」

もし、トランプ大統領がキレて中国を経済制裁し、中国がドル建て債券をすべて売却したら、ドルは暴落する。
その場合、アメリカは、その腹いせに、北朝鮮を攻撃するかもしれない。
まさか想像はしていなかったが、私の生きているうちに、戦争に巻き込まれることになる。

ドルの崩壊予測が、こんな結果をもたらす。
もう、アメリカ・ドルを信用しないほうがいい。

今は、関係各国の出方が非常に重要な時期であり、重大な危機であるように感じる。
posted by T.Sasaki at 13:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。