日本の漁業が崩壊する本当の理由 片野歩

世界中で魚類資源が増えているのに、日本だけが減っている。
この現実を、恥ずかしいと思うべきである。

日本の漁業が崩壊する本当の理由.jpg

すべての漁協組合長、理事、参事、そして、任意の漁業団体の会長以下すべての役員たちは、この本を読むべきだ。
読みたくないならば、「日本の漁師は大バカものだ」を参照すること。
これを認識できないならば、役職に就く資格はない!

2017年09月02日

魚類資源減少で、小型船は淘汰される

再び。

日本近海の魚の減少傾向は、何を引き起こすか。
船の大型化、すなわち、大会社の漁業組織が生き残る時代になり、小さい船ほど淘汰される。
いか釣り漁業をやっていて、最近、ふと思うのである。

以前、するめいか資源が潤沢であった頃、1箱あたりの単価が安く、平均単価が1000円の時代があった
700円とか、ひどい時は500円とか、そういう時もあった。
こうなると、大漁貧乏もいいところで、大きい船も小さい船も、利益は大して変わらなかった。
いくら獲ってきても、経費を引くと、残りが少ない。
むしろ小回りが利いて、経費の少ない10トン未満船や5トン未満船が、悠長に構えていた。

ところが、これほどの不漁になると、大きい船ほど利益が大きくなる。
それも、桁違い。

これは昨年の話だが、日本最後の大型いか釣り船では、乗組員の家庭送金のほか、歩合金の残金の振込みが4桁くらいになった、という噂を聞いたりした。
中型船でも、今までないくらいの歩合金の振込みがあったそうだ。
そして、小型船でも、19トンは景気がいい。
少々の悪天候でも操業でき、日本海などでは、一晩100万円の水揚げは、普通にあるらしい。
もちろん、太平洋の昼いかでも、大きい船ほど水揚げが大きく、9.7トンと19トンでは、倍以上の違いが出る。
平均単価が2500円から3000円すれば、獲った船はホクホクである。

話は変わって、岩手沖の2そう曳きトロール。
彼らも、単価の高いするめいかばかり狙っている。
単価が高いからこそ、狙うのである。
これは、どの漁業にも言えることだが、資源が少なくなればなるほど単価が上がり、単価が高いから、そればかり狙う。
これでは、資源が減るのは当たり前である。
何度も書くが、太平洋前沖にいるローカル群を枯渇されるのは、こういう事情が大きく左右している。
このことを、水産庁をはじめとした各行政機関は認識し、漁法を改めさせるべきである。

するめいかが余っていた時代、トロール漁業は、するめいかを獲り放題獲った時もある。
単価は暴落し、10円とか、数円まで下がった時もあった。
そういう単価のするめいかは、もちろん、ミール工場行きである。

最後にまき網漁業。
八戸沖では、やはり単価の高いするめいかを狙う。
キロ当たり600円だから、10トン獲れば600万。
20トン獲れば1200万円、100トン獲れば6000万円である。
とにかくするめいかを獲りたい。
ところが、沖合いから新規加入群が入ってこなくなったのか、ぜんぜん獲れなくなった。
いた魚を獲りつくしてしまった。
そこで、八戸にいたまき網漁船の半分は、いわしを獲るため、北海道へと渡った。

いわしを獲れるなら、そっちを獲れよな、と、いか釣り漁船は、みな思っている。

効率のいい漁業ばかり残す、という方針を、日本の国が持っているのなら、それはそれでしかたがない。
それならば、同じ魚種を獲っている小型船は、「もうあなたたちは、漁業をしなくても結構ですよ」と言うべきである。
そうすれば、各個人やそれを構成員とする各漁協も、方針を変えるのである。
しかし、日本の国は、水産庁は、はっきりしない。
名ばかりの下手くそな資源管理をやり、魚類資源を減らし、海外の水産会社へ儲けさせることばかりしているのだ。
水産庁は、大きな水産会社や海外の水産会社へ、利益誘導しているのである。
これが、本当に、日本のために、そして、日本人のためになるのだろうか。

魚類資源減少は、大きな船に有利であり、小さい船ほど、そのとばっちりを受けるのである。
posted by T.Sasaki at 07:58| Comment(2) | 漁業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全くその通りだと思いますよ。
岩手県に限らずの話ですが、もっと資源保護を考えていくべきです。人間の少子化に限らず魚の少子化にも対策していく必要がありますね!
Posted by 小漁師 at 2017年09月09日 07:52
小漁師さん、はじめまして。

魚の少子化対策ですか。
いいこと言いますね。

これからもよろしくお願いします。
Posted by T.Sasaki at 2017年09月10日 13:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。