日本の漁業が崩壊する本当の理由 片野歩

世界中で魚類資源が増えているのに、日本だけが減っている。
この現実を、恥ずかしいと思うべきである。

日本の漁業が崩壊する本当の理由.jpg

すべての漁協組合長、理事、参事、そして、任意の漁業団体の会長以下すべての役員たちは、この本を読むべきだ。
読みたくないならば、「日本の漁師は大バカものだ」を参照すること。
これを認識できないならば、役職に就く資格はない!

2017年08月19日

東北の相手高校は、かわいそうだった

こんばんは。

いろいろな不運が重なるもので、もう嫌になる。
結局、今月は、6日からず〜と休んでいて、今日は、高校野球を観ていた。

第一試合は、盛岡大附属高校と済美高校。
どっちも私立高校であり、盛大附属高校もほぼ他県選手が出場している。
が、しかたなく、岩手を応援。
ホームランが5本も出て、最後までどうなるのかわからない試合。

済美高校の最後のピッチャー。
せっかくリリーフを任せられたエースナンバーは、延長10回にめった打ちされ、かわいそうだった。
何もあんなになるまで、打たなくてもいいのに。

でも、自分が当事者なら、たぶん、「もっと打て!」なんだろうなあ。

第四試合は、もっとかわいそうだった。
同じ東北の仙台育英高校と大阪桐蔭高校。
伯仲した試合で、9回裏ツーアウトで、大阪桐蔭高校の勝ち、かと思った。
日本中の誰もが、きっとそう思った。
ショートゴロで、試合終了!、と思いきや、ファーストが、ベースを踏んでいなかった。
その後、あっけなく、さよなら二塁打。

私は、優勝候補の大阪桐蔭高校など、「負ければいい」と思うほど、ひねくれ者である。
ところが、この時ばかりは、大阪桐蔭高校がかわいそうだった。
ピッチャーがかわいそうだった。
ベースを踏んでいなかったファーストが、最もかわいそうだった。
かわいそうでかわいそうで、涙がもう少しで出るところだった。

私学の高校のドラマは、もういい。
夏の甲子園で、公立高校で残っているのは、香川県の三本松高校のみ。
ぜひ、優勝してほしい。
posted by T.Sasaki at 19:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。