日本の漁業が崩壊する本当の理由 片野歩

世界中で魚類資源が増えているのに、日本だけが減っている。
この現実を、恥ずかしいと思うべきである。

日本の漁業が崩壊する本当の理由.jpg

すべての漁協組合長、理事、参事、そして、任意の漁業団体の会長以下すべての役員たちは、この本を読むべきだ。
読みたくないならば、「日本の漁師は大バカものだ」を参照すること。
これを認識できないならば、役職に就く資格はない!

2017年08月06日

水産庁の実力

こんにちは。

今度の台風5号は、とんでもない厄介ものである。
今、日本最後の大型いか釣り船である開洋丸が、この台風避難で、先月から八戸港に帰ってきている。
南の海域で、とびいかを釣っていたのだが、台風がのろのろ過ぎて、操業どころではなかったらしい。
その台風が、今度は日本列島で停滞しそうだ。
明日は南東が少し強く吹きそうなので、私は、すでに、台風避難して係船した。
いつまで休むのかわからない。
盆前に何回出られるのか。

7月までは、高値も手伝って、比較的順調な水揚げだったが、今月になって、急にペースダウン。
沖からの新規加入群が少ないのか、ぜんぜんダメ。
毎日、20個から50個ぐらいしか獲れない。
八戸や三沢の平均も、そんなもの。
そんな低資源の中、まき網がするめいかを獲るものだから話にならない。
ここ近年、毎年のことだが、資源が少なくなったら、まき網漁業とトロール漁業は禁漁にすべきである。
彼らは、他に獲る魚があるのだから。

それで、まき網漁船やトロール漁船が経営難に陥るのであるならば、それは、許可した水産庁の失策である。
さまざまな魚種の減少が指摘されている最中、漁船建造の認可や補助をする、ということは、頭がおかしい、としか言いようがない。
数年前、岩手で水産庁を招いて、するめいか意見交換会のようなものを開催したが、漁業者の中から、八戸前沖だけで、するめいかを漁獲するのはおかしい、という指摘がなされた。
羅臼で大漁なら羅臼で獲らせればいいだろうし、稚内で大漁ならば稚内で獲らせればいい。
なぜ、日本全国に割り当てられたTACを、八戸沖、三陸沖だけで消化しようとするのか不思議なのだ。
いか釣り漁業者の一人がこのことを指摘した時、水産庁の職員は、何も答えることができなかった。
官僚からみれば、私たち漁業者は低レベルの頭脳しか持ち合わせていないと思っているのだろうが、しかし、彼らのほうが、現場を知らない分、もっと低レベルなのかもしれない。

次のリンクをみてほしい。
水産官僚の無能さが、露見してしまった例である。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10164

こんなことしかできないのでは、みんな、がっかりする。
posted by T.Sasaki at 16:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。