日本の漁業が崩壊する本当の理由 片野歩

世界中で魚類資源が増えているのに、日本だけが減っている。
この現実を、恥ずかしいと思うべきである。

日本の漁業が崩壊する本当の理由.jpg

すべての漁協組合長、理事、参事、そして、任意の漁業団体の会長以下すべての役員たちは、この本を読むべきだ。
読みたくないならば、「日本の漁師は大バカものだ」を参照すること。
これを認識できないならば、役職に就く資格はない!

2017年06月30日

医者を選べ!

再び。

新潟にいた時、「新 治る医療、殺される医療」「がん治療のウソ」の2冊を読んだ。
前者は、小野寺時夫さん単独の著作であり、後者は、近藤誠さんと小野寺時夫さんの共著である。

小野寺時夫さんは岩手出身であり、すでにかなり高齢な方だ。
昭和5年生まれというから、80代ということになる。
「新 治る医療、殺される医療」は2001年に出版されていて、「がん治療のウソ」は、比較的最近の2014年である。
この間、変わったのは、診療報酬の改定のみかもしれない。
友だちの医療関係者に聞いたら、昔の出来高払い制度が、少し良くなったらしい。
出来高払い制度というのは、患者を薬漬けにし、検査をたくさんやれば、医者がたくさん儲かる仕組みのことをいう。

「新 治る医療、殺される医療」では、医者をすべて善人と思うな、と警告している。
普通の一般人と同じように、ちゃんとした医者もいれば、ダメ医者もいる。
私が思うに、その中間がいないのではないか。
良い医者、良い病院ほど、儲からない。
それは、患者に対する無駄な投薬や検査、手術をしないからである。
一方、ダメ医者というのは、まず、腕は悪いか、勉強不足で知識がないか、カネ儲けのために上記の行為を過剰にするか、どれかである。
なぜ、そんなことになったのか、という最大の原因は、無能な厚生労働省と圧力団体と化した日本医師会、それにぶら下がる製薬業界、献金を受ける政治団体、これらすべてである。

もう一つ、重要な原因がある。
「お医者さま」と言って、すべての医者を信じすぎる私たち日本人である。
私たちは、大事な自分の体を診てもらうのだから、医者や病院を選ぶのは当たり前の話なのだ。
しかし、実際の日本人は違う。
医者や病院を選ぶ判断は、せいぜい口コミ程度の評判だろう。
欧米、特にアメリカでは、患者が医者を選ぶための、過去の情報、というのが、開示されているのだという。
だから、欧米では、ダメ医者は、淘汰されるらしい。
日本の場合、そういう情報が記録開示されないから、患者が医者を選ぶこともできず、ダメ医者は淘汰されない。
しかたがないといえばしかたがないが、良い医者とダメ医者と見分けるスキルを、私たちが身につけなければならない。

米倉涼子主演の「トクターX」を以前取り上げたが、あれは、媚を売る人間を嫌っているドラマである(「ドクターXの人気の理由 (私の嫌いな人 4)」参照)。
みんな、あのような外科医は存在しない、と認識しているとは思うが、一応、現実を引用しておく。

 特に外科領域では、治療法の進歩につれて専門知識に加えて特殊技術と慣れを必要とすることが多くなり、今日では、大病院の外科の部・科長であろうと大学教授であろうと、消化器、肺、乳腺、甲状腺、血管などの全ての手術技能が優れているなどということはあり得ない時代である。それどころか、消化器の外科に限っても、食道がん、肝臓がん、膵臓がん、直腸がんの全ての手術が一流だという外科医は一人もいないと言ってよい。これは、消化器外科に限ったことではなく、たとえば整形外科医でも、膝の関節の内視鏡手術も脊椎関連の手術も人工関節の置換手術も皆一流などという人はいないのである。名医の評判の高い眼科医でも、白内障の手術も斜視も糖尿病網膜症の手術も皆上手だなどということはない時代になったのである。
(「新 治る医療、殺される医療」p103)


「がん治療のウソ」という本によると、各臓器のがんは、それぞれに合った治療というのが存在し、手術や抗がん剤、放射線治療などが選択される。
手術がすべてのがんに効くとか、抗がん剤がすべてのがんに効く、というのは間違いである。
効かない抗がん剤をいつまでも使い、患者を副作用で苦しめる医者は、金儲けしか頭のないダメ医者である。

粒子線治療(陽子線、重粒子線)という新しいがん治療は無駄であり、その設備には、数十億円から百億円もかかるという。
これには、電気をいっぱい使ってもらいたい電力会社の思惑もあるそうだ。
患者はこの治療に数百万円を支払うことになり、したがって、そんな治療を受けることのできる患者は限られている。
この設備はすでに日本全国に7ヶ所もあり、その他、建設中計画中の設備が4ヵ所もあるそうだ。
これを認可するお役所は、「頭おかしいんじゃないの?」を言われてもしかたがないだろう。

粒子線治療より絶対的に安価な放射線治療は技術革新された。
この部分を少し引用する。

 従来のX線治療も飛躍的に向上している。放射線治療装置・リニアックの技術革新により、「IMRT(強度変調放射線療法)」が登場する。コンピュータで制御しながら、がんの大きさや形状に合わせて放射線の強度を調節できるようになった。また、複数の方向からがん病巣に放射線を集中する技術「定位放射線照射」も開発され、周辺の臓器など正常組織への影響も少なくなった。
 このためX線に比してメリットとされた粒子線の特性が著しく減退したのである。
(「がん治療のウソ」p156)


この本には、高濃度ビタミンC点滴療法を題材にした記事がある。
結論は、効果がわからない、というもの。
これを書いた石川れい子さんは、断糖療法との組み合わせに関しても、調べてほしかった。
高濃度ビタミンC点滴療法は、断糖しなければ、意味がないのである。

http://platinum-room.seesaa.net/article/415389574.html

この2冊の発行には、10年以上のタイムラグがある。
しかし、ダメ医者の存在比率は、本を読む限り、変わっていないのではないだろうか。
posted by T.Sasaki at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック