日本の漁業が崩壊する本当の理由 片野歩

世界中で魚類資源が増えているのに、日本だけが減っている。
この現実を、恥ずかしいと思うべきである。

日本の漁業が崩壊する本当の理由.jpg

すべての漁協組合長、理事、参事、そして、任意の漁業団体の会長以下すべての役員たちは、この本を読むべきだ。
読みたくないならば、「日本の漁師は大バカものだ」を参照すること。
これを認識できないならば、役職に就く資格はない!

2017年06月20日

安心の証拠

再び。

北朝鮮がいろいろと各国を挑発しているようだが、まだまだ大丈夫だと思う。
なせか?
新潟港には、海上保安庁の大きな船が、悠々と係船されてあるから。

さど.JPG

これは、「さど」であるが、もう1隻、「ひだ」もいる。
何か、ニュースが騒がしくなって、2隻とも港内にいなくなった時こそ、有事であり、危ないのかもしれない。

ケータイによくかかってくるが、「ミサイルに大丈夫当たらないのか?」という心配は、やめてほしい(笑)。今朝など、寝ようと思って、シャツとパンツ1枚になったところ、海上保安庁の若いネーチャンに声を掛けられ、一緒にいた男性署員には、写真を撮られそうになった。
私が「パンツ姿は困ります」言うと、笑いが出るほど新潟はのどかである。
安全操業を促す各船への巡回である。
posted by T.Sasaki at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック