日本の漁業が崩壊する本当の理由 片野歩

世界中で魚類資源が増えているのに、日本だけが減っている。
この現実を、恥ずかしいと思うべきである。

日本の漁業が崩壊する本当の理由.jpg

すべての漁協組合長、理事、参事、そして、任意の漁業団体の会長以下すべての役員たちは、この本を読むべきだ。
読みたくないならば、「日本の漁師は大バカものだ」を参照すること。
これを認識できないならば、役職に就く資格はない!

2017年06月20日

「新潟の魚」

こんにちは。

最近の新潟にしては珍しく、天候がよい休日である。
遊びに行けばいいのに、街のネーチャンたちにカネを搾り取られるだけなので、読書ばっかりしている。
先日は、武士道に関する本の2冊目を読み、今日は、「新 治る治療、殺される治療」という本を読んでいる。
著者は、小野寺時夫さんという方で、生まれは、岩手だそうだ。
この本は、津波以前持っていたものを、再度、アマゾン中古で買ったもの。
なぜ再度読む気になったか、というと、ちゃんと、他の医者のことも書いてあるから。
一般人と同じで、医者にも、「良い医者」「ダメ医者」「ずるい医者」がいることを、彼は教えてる。
本来、「ダメ医者」「ずるい医者」は、淘汰される運命にあるのだが、そうではないのは、一般社会と同じであり、受診する側が賢くならなければならないようだ。

沖合いの風が強くて休みの時、地元船の水揚げを少し手伝った。
この時、箱を見て、少し驚いた。
箱に、「新潟の魚」と書いてある。

新潟の魚.JPG

以前、いか釣り船のいか箱にも、「新潟の魚」と刻まれてあったのだが、何せ、新潟産のするめいかは評判が悪く、この箱で他県で水揚げすると、とんでもなく悪く言われる。
だから、いか釣り船の方から、この「新潟の魚」という刻印はやめてくれ、と言われて以来、いか箱には、この刻印はない。
そもそも、なぜ、新潟産のするめいかが評判を落としたか、というと、先日も書いたように、小さいサイズのいかを自分の金儲けのためだけに、平気で大きいサイズのいかとして、水揚げしたからである。
これが最大の原因である。
旅の人間が、旅先の産地市場の混乱を引き起こしたのである。
一方、地元の小型船たちは、健気に、地元産の魚を大切に扱う(いか釣り船ではない。新潟港にはいか釣り船はいない)。
私は、ここにお世話になっている身分だから、乱暴なことはしない。
礼儀として、これは正しいと思う。
新渡戸稲造氏の「武士道」に関する本を読んでから、特に、そう思うようになっている。

この前の土曜日、ちょっとしたことでいか釣り船の船頭たちと飲む機会があったが、その時、話題になったことを記述する。
新潟産するめいかの評判を著しく落とした原因は、旅のいか釣り船だけにあるわけではない。
新潟の仲買人にも責任はある。
故意に小さくいかを並べている箱を、安く買わないから、こうなってしまったのだ。
高値から安値まで300円程度しか差をつけず、しかし、25入れと30入れの価格差は1000円も違う。
だから、30入れサイズのいかを25尾並べて、25入れとして水揚げしたほうが、平均単価は上がるし、水揚げ箱数も増える。
頭の良い商売人なら、わかるだろう。
簡単な話だ。

このブログで以前にも記述したことがあるが、これを解決する手段は、25入れの安値より、30入れの高値を高くすること。
これで仲買人が損することはない。
30入れサイズが25尾入っている箱より、30いれサイズが正直に30尾入っているほうが、歩留まりは大きいから。
これをちゃんと消費者に示すことにより、新潟産のするめいかは、評判を回復することができる。
それから、販売方法として、「せり」だけではなく、「入札」もやるべきである。
このことは、試験的にやってみてはどうか、と新潟漁協の理事さんに提案したこともあるが、却下されたらしい。

私が岩手県いか釣り部会の宮古地区の役員をやっている頃は、宮古魚市場や仲買人に、「ダメないか箱は、買い叩いていいんだ。それが産地市場の評判を良くする」と言っていた。
事実、あの頃、秋いかが獲れて、宮古産のするめいかは、引き合いが強かったらしい。
買いが強い時は、函館からも買いが入ったと聞く。

旅歩きして水揚げする人たちは、地元でないために、その産地の評判を気にすることが少ない。
しかし、立場を逆に置き換えて考えれば、こういう行動はよくないとわかるだろう。
自分の地元に旅の船が来て、乱暴なふるまいをすれば、地元船は、怒る。
そういう理解が必要である。
行き過ぎは、何でもよくない、ということは、ある年齢になるとわかることなのだ。
わかっていながらやる、ということは、卑怯な人間である。

私は、独行船で旅歩きする人間だが、人情のある人からは、声を掛けられたりする。
もちろん、私がどういう人間であるか、ということを前提に声を掛けてくるのだろう。
だから、話やすい場合が多い。
そういう人たちから、このいか釣り業界の裏話を教えられると、びっくりするのだ。
人は見かけによらないし、大漁するからといって、人間性が豊かとは限らない。
もうこの年になると、大漁するしないにかかわらず、自分だけのことしか考えない卑怯な人間とは付き合いたくない。
posted by T.Sasaki at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック