日本の漁業が崩壊する本当の理由 片野歩

世界中で魚類資源が増えているのに、日本だけが減っている。
この現実を、恥ずかしいと思うべきである。

日本の漁業が崩壊する本当の理由.jpg

すべての漁協組合長、理事、参事、そして、任意の漁業団体の会長以下すべての役員たちは、この本を読むべきだ。
読みたくないならば、「日本の漁師は大バカものだ」を参照すること。
これを認識できないならば、役職に就く資格はない!

2017年04月09日

法事の意味

再び、こんばんは。

法事などの仏事は、寺の坊主のためにあるのであって、やってもやらなくてもいい。
坊主たちは、仏に手を合わせろ、とはいうが、何のご利益もない。

3.11の母の葬式の際、私は、寺の和尚に食ってかかった

「神や仏を毎日拝んで、結果はこれか?」

私の顔つきや言い方が悪かったんだろう。
いつも威張っている和尚も、さすがにたじろいでしまって、「自然の力は偉大だということがわかった。云々」としか言えない。
父は「あんまり言うな」とさえぎったが。

私に子どもがいないから、私が死んだ後、漁運丸一族の仏は、無縁仏となるのだろう。
だから、墓参りには、いつも無縁仏の墓石の前で、手を合わせる。

自分の家の墓を維持するということは、ちゃんと結婚して子どもを作って、その子どもにもいろいろと言って聞かせなければならない、ということだ。
しかし、5代先や10代先に、一族があるのかどうか、を考えると、ない方が多いような気がする。
実際に、墓参りをした跡のない墓もあちこちに散見されるから、数百年先には、現在ある墓地は墓地跡という程度にしかなっていないだろう。
つまるところ、仏事というのは、坊主たちの収入手段でしかない。

こういう結論から、法事などというのはやらなくてもいい、と、一時思ったものだが、今回の法事で、その意味というのを少し考え直した。
法事は、寺の坊主のためにあるのではない。
主催する一族のためにある。
たまにしか会わない親族と飲んだり雑談したりする機会なのだと思う。
だから、そういう機会を設けるために、寺の坊主を利用しているのだ、と考えれば、気分もスッキリする。

しかし、私の一族は、仲がよいから、何かあれば、すぐに集まる。
だから、いつも法事をやっているようなものかもしれない。
坊主の出番は、もうない(笑)。

話題は、いとこや姪や甥の将来に集中する。
みんなやさしいことしか言わないから、私が、「そんなんで大丈夫か?」「頭がちょっといかれていないか」と喝を入れたりする。
一人ぐらい、そんなのがいて、バランスが取れるだろう。
posted by T.Sasaki at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック