日本の漁業が崩壊する本当の理由 片野歩

世界中で魚類資源が増えているのに、日本だけが減っている。
この現実を、恥ずかしいと思うべきである。

日本の漁業が崩壊する本当の理由.jpg

すべての漁協組合長、理事、参事、そして、任意の漁業団体の会長以下すべての役員たちは、この本を読むべきだ。
読みたくないならば、「日本の漁師は大バカものだ」を参照すること。
これを認識できないならば、役職に就く資格はない!

2015年01月19日

努力を無視する神様

みなさん、再び、こんばんは。

今日、岩手県いさだ部会の役員会があり、参加してきました。
美味しいご飯を食べようと思ったのですが、生ビールと磯ラーメン。
みなさん、高齢の方ばっかりなので、アンチエイジングでも気にしているんでしょうか(笑)。

この会議に参加するため、昨夜は早く出港し、毛がにを獲るためのかごを揚げに行ってきました。
昨夜午後10時に出て、朝8時頃帰港。
1台目の車に間に合わず、2台目の車に乗り合わせてもらいました。

ご存知のように、よい天候が続かないので、今日がその良い日。
でも、会議には出なければならないから、頑張って早く寝て早く出港しました。
床に就いたのは午後の4時なのですが、早く寝ようと思っても眠れないわけで、記憶のなくなったのは8時頃。
時間くらいかな?睡眠時間。
こんなものなんですよ。
体力余っているから、寝ようと思っても寝れません。

「神様は、きっと私の努力を買ってくれるだろう。」

という考えは甘く、漁のほうは、今日もまるっきりダメでした。
今年もダメかしら。

あ〜眠い。
おやすみなさい。
posted by T.Sasaki at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック