日本の漁業が崩壊する本当の理由 片野歩

世界中で魚類資源が増えているのに、日本だけが減っている。
この現実を、恥ずかしいと思うべきである。

日本の漁業が崩壊する本当の理由.jpg

すべての漁協組合長、理事、参事、そして、任意の漁業団体の会長以下すべての役員たちは、この本を読むべきだ。
読みたくないならば、「日本の漁師は大バカものだ」を参照すること。
これを認識できないならば、役職に就く資格はない!

2009年05月18日

「学問」って、何?

みなさん、再び、こんばんは。


心に青雲」主宰者さんが、「学問」に触れられていたので、せっかくですから、これ、やります。

「学問」という単語、わかっているようで、わかっていないような、知られているようで、知られていないような、そんな感じの言葉です。
試しに、「goo辞書」の「国語辞書」で、「学問」を調べてみると、「一定の原理によって説明し体系化した知識と、理論的に構成された研究方法などの全体をいう語」とあります。
イマイチ、パッとした説明ではないですね。

じゃあ、英語では何て言うんでしょう?

goo辞書」の「和英辞書」で、「学問」を調べてみたら、「learning; study」とあります。
ありゃりゃ、学習?勉強?
これは、あんまりだなあ。



「学問」について、副島先生が、何も書いていないはずがありませんよね。
ちゃんと書いています。
何と、「学問道場」の「今日のぼやき」001に、つまり、一番最初に、「神学(セオロジー)と学問(サイエンス)の 大きな闘い 2000/02/11」というのを書いています。
要約すれば、「学問」は、「science」であると。

「science」といえば、「科学」。

しかし、副島先生のまな板に載せられると、粉々に切り刻まれて、何も残りません。
日本語訳に欠陥があるのだと。

「科学」という言葉は、「今日のぼやき」001によると、1930年代ぐらいから、流行りだしたらしい。
そして、この「科学」という言葉は何なのだ!、と怒っているのです。
怒りを引用。

 それでは、いったい、この、「科学(かがく)」なる言葉の、「科」の「学」というのは、なにを意味するのか。誰か、答えてみろ。「科」の「学」というのは、なんなのだ?
 「だから、それは、サイエンスの、日本語の訳語なんだから、それで、いいではないか」では、すまない! 馬鹿どもが! なーにが、「自然科学」で、「社会科学」もあります!だ。
(「今日のぼやき」001)

なるほど、「科」の「学」とは、何を意味するのでしょう。
「科」を「学ぶ」のかな?

一方、「学問」は、学び問う、学んでは問い、それからまた、学ぶ、そして、問う、の繰り返し。
これにより、いろんな法則や真実を発見するわけだ。
「問う」ことなしに、「学ぶ」だけだったら、うん、真実を発見できるかどうかは、確かにあやしいなあ。
だから、副島先生によると、「science」=「学問」≒「科学」であると。



興味深いのは、「science」という文字。

自然(nature,ネイチャー)の、natu(ナツ)と、本質(essence,エッセンス)のess(エス)と、サイエンス(science,スシアンス、「知るということ」すなわち、学問)のsci(スシ)の、この、3つともが、実は、すべて、『 神(god)から流れ出たもの』と言う意味なのである。これを、流出論という。私は、このことを、14世紀のイスラム神学を、調べていて分かった 。
(前掲)

本当かどうかは別として、神がすべての創造主なのだから、「science」も神が創ったもの一つ。
だから、神学の側から見れば、神から流出したものになります。

ここで、再び、引用。

サイエンス(近代学問) と、対決して、サイエンスと、大きく並び立つ人類の知恵の大柱がある。、それは、 神学(theology,テオロジー) である。日本人には、世界基準での「神」が、分からない。じつは、私も分からない。だから、神学と言われても、何の事だか分からない。 それでも、この神学なるものが、中世ヨーロッパ以来の、この500年間の人類の知恵の、巨大な構造物である。
(前掲)

つまり、神学と「science」は、全くの別物。
そして、この二つは、人間の知識の源である、ということ。

私たちの頭の中にあるものは、このどちらかから生まれたものだったんですね。

まあ、どっちでもあまり関係ないし、それがわかったからといって、何も変わりませんけど。

ではでは〜。

posted by T.Sasaki at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 副島学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック