日本の漁業が崩壊する本当の理由 片野歩

世界中で魚類資源が増えているのに、日本だけが減っている。
この現実を、恥ずかしいと思うべきである。

日本の漁業が崩壊する本当の理由.jpg

すべての漁協組合長、理事、参事、そして、任意の漁業団体の会長以下すべての役員たちは、この本を読むべきだ。
読みたくないならば、「日本の漁師は大バカものだ」を参照すること。
これを認識できないならば、役職に就く資格はない!

2018年08月25日

飲み屋のネーチャンの商品価値

さらに再び。

私の友だちに飲み屋をやっている人がいて、そこで使っている女に、「私、あなたに気があるのよ」という素振りをしなさいと指導するらしい。
まあ、そんなものだろうが、直接聞くと、やっぱり、通う客というのは、私を含めてバカだなあと思う(笑)。

最近はもう、地元で酒を飲む時は、もっぱら居酒屋か自宅のみである。
今年の新潟でも、ネーチャンたちに誘われても、「スーパーで1000円も美味しいものを買ってくれば、それで満足だよ。リーズナブルだろ」と言って断る。
それでも、仲良しの友だちに誘われれば、しかたなく行ったりするが。

この仲良しがとんでもない散財をした。
クレジットカード払いである。
飲み屋でこれを使うと、2回目からは容赦なく請求額を上げてくる。
だから、飲み屋では、クレジットカードなど使うものではない。
私は翌日、「カードを出せ!ハサミで切ってやるから」と怒ったりしたが、帰ってきてから、家の人にしぼられたらしい(笑)。

女の子を使っている飲み屋は、客が来なければ赤字になる。
だから、客に気があるような素振りを振舞うことは、商品価値となる。
美人だけでは商品価値としては足りないのである。

飲み屋の商売に関わったら、客を騙すくらいの覚悟が必要である。
少なくとも、私みたいな人間にはできない。
しかし、いか釣り業界でそれをできる人間は、いる。
並べるイカの規格を無視し、とんでもなく小さく詰める奴である。


posted by T.Sasaki at 12:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

納税のご褒美

再び。

箱屋さんから聞いた話なのだが、まき網漁業が優遇される理由の一つに、納税額の大きさがあるらしい。
水産庁の天下りを引き受けるくらいの余裕のある団体だから、もちろん、納税額は大きいだろう。
一方、最近の小型漁船は不景気だから、私をはじめとして、納税額は小さい。
国にとっては、納税額の大きいお客さんは大事にする。

近年、魚類資源が少なくなっているから、魚の単価が高くなっている。
まき網漁業の好景気は、とにかく単価高に要因がある。
獲れすぎて単価が安かったころは、大漁貧乏であったのだから、まき網漁業にとっては、むしろ魚が少ないほうがいいのかもしれない。
しかし、この悪循環が、ますます魚を減少させるのである。

そして、これは、本ブログの冒頭の本で指摘しているように、日本の国を売っていることになるのである。
ノルウェーをはじめとする漁業先進国は、日本の水産行政の施策を喜んでいるだろう。
posted by T.Sasaki at 11:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漁船保険より、今後の大漁の夢を見る

こんにちは。

いか釣り漁業は、まるで末期的である。
「やめようかなあ」という人たちが少なくなく、私自身も、そのうちの一人に入るかもしれない。
沖でもあまりに暇なので、無線機でおしゃべりをしていると、サメが来て針を切り、気がついたら、やなのワイヤーがグチャグチャになったりしている。
先日のおしゃべりの内容は、その船をやめる話に関係するもの。

「船の売り買いを考えていると、売るよりは、船を沈めて漁船保険で全損保険金をもらったほうがいいんじゃないか?船の売値より、全損保険金のほうがきっと高いよ。」
「確かにそうだ。しかし、あなたみたいな人は、そんなことできないんじゃないの?今まで稼がせてもらって、そんなことできるわけないじゃない」
「うん、やっぱり、愛着があるから、いくらカネのためとは言っても、そこまではできないよな。でも、やる奴はいるんだろうなあ」

私の船は、全損でだいたい3000万ちょいの保険金が下りることになっている。
たぶん、これを売ったとしても、2000万でも売れないと思う。
そもそも、いか釣り業界がとんでもない不景気なものだから、買い手はつかない。

しかし、そういう考えはもったいない話なのだ。
私の船は、汎用性が高いから、一応、何でもできるようになっている。
ここで3000万を手にしたとしても、それは、1年ぽっきりの話。
今後10年間、何が起こるかわからないから、もしかして、大漁のときが来るかもしれない。
1年で3000万を手に入れたとしても、10年という長いスパンで考えれば、それは近視眼的なもので、損でしかないのである。

大不漁だと、要らないことまで考えてしまう。

posted by T.Sasaki at 11:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

有名監督ならチャレンジせよ

4回目。

ついでに、高校野球のことを書くが、甲子園に出る高校は、私学がほとんどである。
野球環境のいい学校へ、中学の時に活躍した選手は行く。
そして、そこには、いい監督がいる。
先日、NHKで、甲子園常連校の名物監督が特集されていた。
私は、「そんな人生、つまんないじゃないか」とテレビに言ってやったが、テレビは聞いてくれない。
指導者として、名を上げたんだから、「じゃあ、公立高校でやってみよう」という気持ちにならないのか。

同じ事は、岩手純正チームと言われる花巻東高校にも言える。
本質は、選手を集める他の私学と変わらないからだ。
もし、監督がよくて選手が集まって活躍できるのなら、監督さん、他の公立高校でやってみたらどうですか?

優秀でない選手を指導するのは、もともと優秀な選手を指導するのより、簡単じゃないだろう。
もしかして、才能が開花していない人が、公立高校にもいるかもしれない。
それを発掘してもいいじゃないのか。
せっかくの人生なんだから、その手腕でチャレンジしろよ。

酒を飲みながら、そんなことをテレビに向かってブツブツ言っていた。
まるで、ボケ老人だ。

posted by T.Sasaki at 14:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャレンジ

暇なので、3回目。

一身上の都合により、来年以降、日本海へ行かないかもしれない、というのは、すでに書いたが、先のことは、よくわからない。
奇跡が起きるかもしれないし。

今年は、昔なら高齢者と呼ばれるくらいの人を乗組員に雇った。
凍結船から下りた人であり、「おれ、頑張るから」という言葉を信用した。
最初のうちは、真面目だったが、段々と慣れてきたのか、それとも、小型船をバカにしているのか、だんだんと不真面目になった。
そして、パチンコ依存症寸前の人である。
まあ、パチンコ依存症寸前の人は、船乗りにはゴマンといるから、こんなものかもしれない。

もし、来年、日本海へ行ける環境であったら、無理して乗組員を頼まないことにする(普通のいい乗組員がいたら別)。
一人操業だ。
チャレンジ。
昼夜操業を一人でチャレンジだ。
往復100マイルを昼夜操業を一人でやる、というと、ビックリするかもしれないが、すでに思考実験をして、たぶん、できると思う。
中身は秘密。

やってみる気でいるが、あとは、来年の風が吹く。
posted by T.Sasaki at 14:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長いものに巻かれたくない

再び。

まき網は減船すべきである。
もちろん、日本近海の魚類資源減少を食い止めるためである。
反論として、「政府で定められた漁獲量を守っているのだから、減船する必要はない」と主張するかもしれないが、それはその漁獲量設定自体、そして、魚種制限もおかしいからである。
これは、過去の歴史が証明している。

以前の大型まき網の船体には、ちゃんと「いわし・さば」と目的の魚種がちゃんと書いてあった。
それが、今はない。
「いわし・さば」と書いてあっても、混獲と称して、混獲率99%のするめいかを獲っていたのは、誰も知っていることである。
これを容認していた水産庁の責任は、非常に重いのだが、何一つ責任を取ったことはない。
各地の漁協を相手に、責任問題を裁判で追及するとか、そんな脅し話を聞いたりするが、どうせ裁判を起こすなら、そんなちっぽけな相手ではなく、水産庁自体を訴えればいいと思う。
情けない。

まき網漁船を減船すべき理由の一つは、超効率的な漁法だからである。
今や、魚群探知機類の飛躍的な向上により、まき網漁船が、日本近海の魚を取り尽くす能力がある、ということは、すでに書いたが、いくら「漁獲量制限の範囲内で獲っているよ」と言っても、その設定した漁獲量が多すぎれば、資源管理の意味がない。
少ない魚群をすべて獲る能力があるのだから、本当の資源量に対し、設定する漁獲量が多すぎれば、確実に魚類資源は減るのだ。
このことは、冒頭に紹介してある本を読んでもらえれば、日本の国がやっていることがわかる。

マグロの漁獲割り当ての関する件もそうである。
まき網漁業よりも、沿岸漁業や定置網漁業に割り当てることによって、地域の台所は潤うのである(「マグロに針をやられる」参照)。

もう、まき網漁船の減船しかない。
合理的に考えるなら、それしかないのである。


私は、若い時に比べれば、角が取れて、反骨精神はかなり衰えたが、それでも、旺盛なほうである。
自営業者というのは、反骨精神がなくなったら、やめるしかない。
小型漁船の漁業者は、環境が厳しい分、短気で、反骨精神旺盛な人が多い。
酒を飲むと、すぐに喧嘩する人が多いのも、そういう影響があるのだろう。
喧嘩するは困ったものだが、それでも、反骨精神がないよりは、まだマシだと思う。
特に、魚類資源の敵である、まき網漁業やトロール漁業に対する反骨精神がなくなったら、小型漁船の経営者として、資質を疑う。

自民党支持者には、「長いものには巻かれろ」的思考の人間が多い。
それでは、改善すべきものも、改善されない。
困ったことに、漁協組織は、自民党支持が多い。
この性質を変えない限り、水産行政は変わらないような気がする。
自民党がそんなにいいのか。
「長いものに巻かれる」のがそんなにいいのか。

ある程度年をとってくると、自分の過去を振り返り、過ちを反省したりする。
やっぱりみんな過去を振り返ると、「あの時は、自分はおかしかった」と思うことがある。
そして、やる気のある若い人たちの足を引っ張りたくない、という気持ちも持つものである。
「長いものに巻かれろ」的思考では、今後の人たちにとって、害でしかなく、何も発展しないのである。
posted by T.Sasaki at 14:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三陸鉄道を肯定的に考える人たちへ

こんにちは。

今年の暑さは、近年の暑さよりもさらにひどい。
どこの気温が高いか、というのは、気にしているわけではないので、よくわからないが、先月までいた新潟は、39度の日が2日はあったらしい。
私の船にはエアコンがないので、休日や日中は、とんでもない暑さの中で眠らなければならない。
外気が暑いとエンジンの熱も下がらない。

東北の場合、同じ緯度でも、日本海側と太平洋側とでは暑さが違う。
なぜかというと、水温が日本海側は高く、その分、暑い。
太平洋側は水温が低く、沖風、つまり、北風から東風だと、涼しいくらいだ。

これは、東北太平洋側の利点である。
とにかく、夏は過ごしやすい。
快適である、ということは、仕事の能率も上がる。
せっかく復興道路が完成すれば、どこへ行くにも短時間でできるようになる。
宮古から八戸でさえ、2時間を切るのではないか、と私は思っている。
宮古から気仙沼もそうだ。
盛岡は、1時間は無理でも、1時間20分くらいでなら行けると思う。

仕事の能率が上がるような快適な環境で、物流事情もよくなるのなら、それをアピールして企業誘致すべきである。
過ごしやすい快適な環境なら、もちろん、住環境もいいに決まっている。
各地で人口を増やす取り組みをしているくらいだから、三陸沿岸も、環境の良さをアピールすべきである。
今後、もっと日本が暑くなるならば、東北太平洋側、特に涼しいやませの吹く青森、岩手は、絶好の住環境となる(北国にしては、雪も少ない)。

夏場の涼しさをアピールして、企業と人を定着させることが、三陸鉄道の赤字を防ぐ唯一の手段のように思う。

posted by T.Sasaki at 14:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

三陸鉄道は、どこへ行く

こんばんは。

出漁できる可能性があるのは明日のみで、あとは金曜日まで休み。
その明日も私には無理みたいなので、宮古へ一時帰宅。
ちょっと道具をトラックで八戸まで運ぶため。

家までは、JR八戸線、三陸鉄道北リアス線、県北バスを乗り継いで帰宅。
北リアス線では、イベント列車なのか、派手なカラーリングなので、思わず撮った。

キハ58ケンジ.jpg

キハ58ケンジ2.jpg

私はただボーっとしていたが、各駅で降りたりして、写真や動画を撮っていた乗客がけっこういた。
鉄道マニアでは、「キハ58ケンジ3両編成」というので知られれているのだろうか。

http://www.sanrikutetsudou.com/?p=10526(「三陸鉄道」)

JR八戸線と比べると、線路が原因なのか、車両が原因なのか、三陸鉄道は揺れる。
同じ三陸鉄道の線路でも、トンネル内は、比較的揺れないように感じた。
軌道修正をしているだろうが、外にある分、少しばかり歪みがあるのは、しかたがないのか。

夏休みのせいか、特に、三陸鉄道のほうは、珍しく乗客がいた。
ちょっと汚い格好だったので、座るのは遠慮して、連結部の入り口でずっと立っていた。
朝から帰港まで、ブリッジ内でずっと立ちっぱなしだから、2時間ぐらいは平気だ。

これくらいの乗客が毎日三陸鉄道に乗ってくれるのなら、県民が税負担しなくてもいいのだが、実際はそうではない。
否定的に考えるなら、沿線住民が積極的に利用しないで赤字になるなら、やめちまえ!
三陸道が全線開通したら、いったいどれくらいの利用率になるのか。
ますます赤字になるような気がする。
肯定的に考えるなら、もっと利用率を高める努力を、沿線住民はすべきである。
今日は、田野畑村のPRのため、田野畑牛乳と田野畑のパンフレットを、全乗客に配っていた。
私は、たまに田野畑牛乳も飲むし、三陸の人間だから、頂くのは遠慮した。
観光客を増やす取り組みも結構だが、「マイレール」とか言っていた開通時の気持ちを思い出したほうがいいと思う。

私の地区には、鉄道はない。
移動手段は、バスか自家用車、自転車、徒歩である。
誰も乗らない鉄道より、まだバスのほうが効率がいいのではないか。
他の自動車たちと共用のインフラを使うのだから、専用のインフラより、保守の無駄が少ない。
そろそろ、「鉄路は必要だ」という主張は、考え直したほうがいい。
努力せず、赤字が拡大すれば、県民みんなに迷惑をかけるだけなのだ。
posted by T.Sasaki at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

するめいかローカル群を大事にする施策を

こんにちは。
私は、自分の腕の悪さに感動している。
太平洋昼いかに来て、まだ100箱という数字を見ていない。
岩手県に水揚げされたするめいかは、昨年同期比で、4.8%である。
昨年の何割減というのではなく、95%減である。

http://www2.suigi.pref.iwate.jp/research/20180802fishery_during

非常に深刻な大不漁である。

青森県の統計はどうなっているのかわからないが、八戸の最初の漁が遅く、また、昨年より最初の漁も悪かった。
だから、こちらも、かなりの減少となっているはずだ。

日本海も、石川県をはじめ、昨年より不漁であり、北海道も、沖合い漁場(凍結船)の不漁から、稚内なども単発的な漁となるのではないか、と噂されている。

こうなると、太平洋ローカル群や新潟、山形沖のローカル群が重要だ。
八戸前沖のするめいかは、たぶん、ローカル群である。
早い段階から、バラいかを八戸のトロールが獲っているから。
もし、冬生まれ群が回遊してくるのなら、もっと水温が高くなってからのはずであり、実際に、水温の低い時期の三陸いさだ漁で、するめいかの稚魚が混じることがある。
3月に、東シナ海の冬生まれ群がここに到達しているとは考えられない。
したがって、1月以降は、太平洋ローカル群に産卵機会を与えるために、するめいかの禁漁を実施すべきである。
特に、トロール漁業は、そうすべきである。

今年の新潟、山形沖の漁は、かなり遅く始まった。
先発隊は、5月初日から操業しているが、初日は皆無だったらしい。
その後、ヒラ瀬と呼ばれるところで少し釣れたが、その後は、するめいかの顔を見るのが大変だったようだ。
私は5月13日から操業しているが、その日、知っている船に連絡をとってみると、ベタ凪だから、しかたなく中瀬で針を下げているだけだという。
こうなると、沖合いの瀬の調査しかなく、その日は、鎌瀬で7尾、向瀬で2尾、瓢箪瀬で8個であった。

ここで尊敬すべきは、C丸である。
彼は、とにかく広範囲に調査することで有名である。
今年も、誰も出漁しない時に、すでに佐渡島を一周している。
こういう人が、漁模様を作るのである。
実際、かすかな8個という模様で、その数日後、彼だけが瓢箪瀬に出漁し、数十個獲ったのをきっかけに、翌日から急に漁が出たのだ。
それでも、彼のことをよしとしない人間がいるらしい。
そういう人間が、世の中の憎悪を生むのである。

話が脱線したが、新潟、山形沖のバラいかもローカルではないか、と私は思っている。
先行する石川県では、すでに同時期、新潟沖のするめいかより、かなり型がよい。
また、北上群の獲れる北海道では、同時期の新潟沖のするめいかより、やはり型がよい。
これをどう説明したらよいのだろうか。
もし、東シナ海秋生まれ群が北上して、南から順番に獲れるのなら、各地、小さいサイズから、大きいサイズが順番に獲れるはずであるが、実際には、新潟、山形沖のするめいかは、他の地域より小さい傾向にある。

これは、地元のS丸さんから聞いた話であるが、佐渡島のいか釣り船は、1月と2月で、1000万円くらいは水揚げするようだ(県外船は1月から4月まで禁漁)。
ということは、新潟、山形沖の瀬で、この時期に、するめいかは産卵しているだろう。
だから、この海区で獲れるするめいかは、小さい傾向にあるのではないか。

結論。
東シナ海の産卵群に期待できない現在、日本各地のローカル群の資源を大事にするしかないのである。
この考えを基本とし、どの漁業に制限を加えるべきか、検討すべきである。

八戸昼いかは、今週末まで天候があやしい。

http://www.bioweather.net/chart/pressure.htm

今年の傾向は、悪天候が長続きする。
たった数十個の水揚げで、操業日数が減ってしまうのは、かなりの痛手である。


posted by T.Sasaki at 16:35| Comment(0) | 漁業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする