日本の漁業が崩壊する本当の理由 片野歩

世界中で魚類資源が増えているのに、日本だけが減っている。
この現実を、恥ずかしいと思うべきである。

日本の漁業が崩壊する本当の理由.jpg

すべての漁協組合長、理事、参事、そして、任意の漁業団体の会長以下すべての役員たちは、この本を読むべきだ。
読みたくないならば、「日本の漁師は大バカものだ」を参照すること。
これを認識できないならば、役職に就く資格はない!

2021年11月05日

先代の春鮭鱒

ふたたび、こんばんは。

私には、息子がいないから、イマイチ、息子の出来が悪かったら、どういう態度をとっていたのか、わからない。
ある地区の船頭から聞いた話なのだが、息子が仕事をしないでいるので、「仕事をしろ」と言ったら、親は息子に刺されて死んでしまった、ということがあったらしい。
もし、私の息子が、仕事をしないで遊んでばかりしていたら、やはり、怒るだろう。
そこで殺されるかどうかなど、親としては、誰も考えない。

会社に勤めて、会社員になれば、どうしても能力主義になるだろう。
企業というのは、利潤追求が目的であるし、それがなくなったら、その企業は消滅する。
だから、能力主義であるのはしかたがない、と思う。
そこで、たぶん、上司たちは、「もっと稼げ、とか、真面目にやれ」とか、ハッパをかけると思う。
受け取る側は、それを、パワハラと捉えることもある。
本当のパワハラなら問題であるが、上司のハッパをかけられた社員が、隠れて怠けているようなら、それは、社員のほうに落ち度がある。
ここが微妙な点である。
その社員の親が私なら、とんでもなく怒るだろう。

立憲民主党、共産党、その他の野党、そして、与党の自民党でさえ、福祉に関しては、非常に敏感で、ある意味、利益誘導的である。
福祉の不正受益者に対して、何らかの対策を練らなければ、福祉は、不正に利用されるのが常となり、困るのは、福祉に携わる職員や納税者となる。
そんな不正利用者の親が私なら、とんでもなく怒るだろう。

不正の問題は、政治家にとって、今や、不得意分野となっている。
安倍元首相の不正など、ほぼ、責任の所在なしで終わりそうだ。
彼らには、「ごめんなさい」の一言もない。
彼らの親が私ならば、やはり、とんでもなく怒るだろう。

最近、一気に、私の周りが、不穏な空気に覆われつつある。
漁業についての考え方や小型船の整備や維持などの経営的なものや経験的なことを書いてきて、少しは世の中に役立っているのではないか、と自分で勝手に思っているが、なんだか真面目にやってきて、無駄だったような気がする。

先代の春鮭鱒漁を思い出す。
私は、もう誰と口を聞かなくてもいいような気がする。
posted by T.Sasaki at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2050年の太陽光発電コストは、2円/kwh

こんばんは。

二酸化炭素排出抑制とエネルギー需要を満たすためのエネルギー政策が、どの国も喫緊の課題となっている。
日本は、特に、化石燃料依存度が高いだけに、その深刻度は非常に高い。

アンモニアを燃料とする火力発電が実現すれば、一応、二酸化炭素排出削減になるとされる。

https://www.jst.go.jp/seika/bt111-112.html(「国立研究法人 科学技術振興機構」)

アンモニア燃料技術においては、日本は世界でトップを走っているようだ。
しかし、太陽光発電や風力発電のコストは、すでに、火力発電や原子力発電を下回っている。

https://toyokeizai.net/articles/-/466057?display=b(「東洋経済オンライン」)

日本がこれに本腰を入れないのは、国益に反する。
なぜか、というと、石油などの化石燃料価格というのは、生産国やマネーゲームで他国を苦しめるアメリカなどが決定し、日本は、ただそれに従うしかないからだ。
エネルギーを自給できるということは、まず、その点では、アメリカの属国という卑屈な態度から脱することができる、ということである。

2050年のアメリカでの太陽光発電コストは、2円/kwhを割り込むと予想され、その後も下がり続けると予想されている。

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00138/102400903/(「日経クロステック」)

そして、今、化石燃料価格の上昇中であり、太陽光発電および風力発電、そして、電力安定化のための蓄電設備の開発、増強を、一気に進めることのできる機会が訪れているのである。

こういう状況でも、まだ、火力や原子力を推進しようという勢力は、何を考えているのか、よくわからない。
政治家たちも、何を躊躇しているのか、何を考えているのか、さっぱりわからない。
高齢でこれらのことを理解できないのなら、さっさと引退してほしい。
posted by T.Sasaki at 20:59| Comment(0) | 太陽エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月02日

ファイザー社の密約

こんばんは。

ブックマークをしよう」の「ドクターヒロのリアルサイエンス」を、みなさん、読んでますか?

ファイザー社は、とんでもない悪党だ。
国を丸ごと買収したようなものである。
これなら、ファイザーとGAFAが、今度の恣意型コロナ病騒動を仕組んでいた、と思われてしかたがないだろう。

日本人は、すでに、恣意型コロナ病を克服したかもしれない。。
というのも、今朝の報道番組で、「APOBEC」という酵素の説明をやっていたから。
人間の体内にあるこの酵素は、恣意型コロナ病のウイルスに変異を起こさせるというもの。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/211102/dom2111020003-n1.html(「zakzak」)

東アジア人やオセアニア人には、「APOBEC」が活発に働く人が多いそうだ。
本当にそうなのかどうかは、感染の多い国にいる東アジア人やオセアニア人を調べればわかる。
この酵素を、全世界の人が作用するような方法を考えれば、恣意型コロナ病は克服できるだろう。

効かないワクチンなど要らなかったわけだ。
それでも、ワクチンを信仰している人は、5回でも10回でも打ってください。
どんな薬でも、目的とする作用のないものは、毒以外の何者でもない。
基本的に、薬は、毒なのである。
posted by T.Sasaki at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月29日

貧乏人の買い物

こんばんは。

すれ巻きばっかりで手が痛くなった。
ガソリン代が恐ろしく高くなってきたが、気晴らしにダイソーへ。

ダイソーで見つけたオシャレなメガネストラップ。

メガネストラップ.JPG

これ、老眼対策。

私は近眼だから、新聞や本を読む時は、メガネを外せばいいが、そのメガネをどこへやったのか、わからなくなる時がある。
探すのに時間がかかる。
しかし、ストラップをつけて、首にぶら下げれば、探す時間はゼロ。
慣れるまでは、やはり探した(笑)。
こんな不景気では、老眼鏡も買えないが、「プラチナだぜ!」とうそぶく。

ダイソーまで行くのに、車が必要だが、春のいさだ漁期中に買った。

旧型プレオ.JPG

中古のプレオ。
どこかの会社のお古だろう。
2台置いてあった。
30万円だったが、意外にも、これがいい。
手動ウインドウ以外は、前のアルトより、走りもいいし燃費もいい。
2万キロしか走っていないからだろうか。
無段変則も素晴らしく、高速道路以外なら、普通乗用車に簡単についていける。
ちょっとくらいスピードを出しても、おっかなくない。

みんなみたいに高価な車には乗れないから、私としては満足している。
高齢者マークがついている通り、ほとんど乗ってはいないけれど。
早く免許返上してくれよ(と言っても、いうことをきかない先代)。

私の車は、トラックか自転車。
自転車はいい。
燃料はかからないし、体にもいい。
貧乏人には、これが一番いい。
posted by T.Sasaki at 20:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月28日

ロープのすれ巻き

こんばんは。

ロープ類は、太陽光線にさらしておくと劣化が早く、特に、ダウンスーパーはもろい。
したがって、ロープを使い終わったら、倉庫にしまうか、シートをかけておく。
ところが、常時係船の場所がある場合、岸壁に係船ロープをそのまま置いておくことが多いだろう。
あまりに暇なので、今日から、そのロープにすれ巻きをやり始めた。

すれ巻き.JPG

この黒いロープは、「かごの保護綱の再利用」と同じものであるが、以前は、ロープにビニールテープを巻かずにこしらえた。
先代は、なぜか、すれを巻く前に、ビニールテープを巻いていた。
理由は知らなかった。
しかし、最近になって、ようやく気がついた。
冒頭で、太陽光線で劣化すると書いたが、理由はそれ。

すれを巻いても、必ず、すれの綱の間には、太陽光線の通る隙間ができる。
ということは、しましまに劣化してしまい、いずれは切れる運命になる。
よって、直射日光を防ぐために、ビニールテープが必要だったのである。

これで、船がいかれるか、船をやめるまで、もやいロープはもつだろう。
いや、新品ではなく、思いっきり直射日光を浴びたロープだから、切れるかもしれないなあ。
posted by T.Sasaki at 20:59| Comment(0) | 漁業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月27日

年寄りの選挙

ふたたび、こんばんは。

今度の選挙に限らず、テレビで、若者の希望を持たせるような話をする立候補者がいる。
いる、というより、どこにもいて、そう言っている候補者は、50歳をほとんど過ぎているだろう。
私はテレビを見ながら、いつも、「そう思うなら、出てこないで、若い人を担ぎあげればいいじゃないか」と思う。
若い人が政治家になって、仮に失敗しても、それは許される。
許されるのだ!

今、50以上の年寄り候補が出てきて、何ができる?
何もできない。

漁業の世界を見ると、中央政治の世界より、もっと悲惨だ。
今、高齢の理事や組合長たちに、何ができる?
せいぜい、現状維持だ。
彼らが、若い人たちの意見を汲むことができるだろうか?

私は、たぶん、いか釣りで旅歩きしていない人間なら、きっと、理事くらいにはなっている。
今でも、地区代表の理事で、「おまえ、やれ!」と言われても、時間的にできないものはできない。
理事会に出席できないのに、理事になれるわけがないじゃないか。

私は、宮古漁協の理事会に出て、誰がどういう意見を言うのか、それとも、誰も意見を言わないのか、参加してみたい気持ちが大いにある。
本当のところ、漁協の理事会が機能しているのかどうか。

過去の理事会決定、これは、すでに事業化され、結果はわかっている。
例えば、宮古魚市場拡張に関することは、明らかに失敗だ。
その時、だれか異論を言った人がいたのかどうか。
現在でいえば、誰か、反省の弁を言う人がいるのかどうか。
そして、これらのことを、50歳前の若い人たちが、どう思うのか。
私とすれば、大いに若い人たちが、文句を言ってほしいと思う。

ここで、50歳以上の年寄りたちも、文句を言うかもしれない。
若い人たちだって、何をやらかしたかわからない、と。
しかし、今後の未来の責任を負うのは、若い人たちなのだ。
年寄りたちは、事業の失敗を自分たちで負うこともなく、ただ若い人たちに残すだけだ。
それならば、若い人たちが失敗して、それを自分たちで償うほうがよっぽどマシではないか。
そのほうが、よほどスッキリする。

宮古を取り巻く漁業環境をから、年寄りたちのやる選挙を、私は冷めた目でしか見ることができない。
みんな同じにしか見えない。
posted by T.Sasaki at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メールソフトが、ぶっ飛んだ

こんばんは。

昨夜は、とんでもない大きなショックを受けた。
サポート切れの「windows 7」をそのまま使っていて(現在も使っているが)、付属のメールソフト「windows live」が、言うことをきかなくなった。
送信したつもりが、エラーが出る。

サーバーへの接続は失敗しました。
件名 '・・・・・・・'
サーバー: 'silk.mail.plala.or.jp'
Windows Live メール エラー ID: 0x800CCC0E
プロトコル: SMTP
ポート: 25
セキュリティ (SSL): いいえ
ソケット エラー: 10061


検索して、アカウントの再設定というのをやってみて、元のアカウントを削除したら、過去の送受信メールが全部消えた。
削除しなければよかった。
あとは知らない。

もう、そのまま寝た。

眠れるわけもなく、どうしようか考えた。
たとえば、電力請求書は、今は全部Webで表示されるようになっていて、いちいち封書は送られてこない。
メールソフトが使えなくなるということは、もしかして、ブラウザソフトも使えなくなる可能性もあるのだ。
だから、いずれ、自分の使った電力量や請求金額もわからないことも起こりうる。
それでも、口座振替は、ずっと行なわれるだろうから、税務申告には困らないなあ、と安心する。
その他、いろいろとWebに頼っているものもあるが、とにかく、どうにかなるだろう。

まあ、結論は、メールソフトを変えてみよう、ということと、いざとなったら、ネットから決別してもいいかなあ、と。
今さら、年もとって、どうでもいい感じ。

そう考えたら、ぐっすり眠れた。

朝は5時頃には目が覚めるから、それでも30分くらい布団にいて、起きて、早速、メールソフトをダウンロードし、このパソコンに入れてみたら、ちゃんと動く。
送受信を自分の携帯からやって、試運転はバッチリ。
こういう前世代的な使い方でも、ちゃんと動く。
それと比較し、会社関係のセキュリティを厳格にやらなければならない場合、常にサポートの期限を気にして、新しいOSに切り換えなければならないのは、非常にかわいそうに思える。
特に、専門的な知識のない私の同世代の人間にとって、これは非常にハードルの高いものになる。
毎度、サポート切れのOSから、更新、更新の嵐。
まるで、恣意型コロナ病のワクチンと同じ。

ということで、いつか、このブログも、更新できなくなる日が来る。
そのときは、しかたがないんです。



posted by T.Sasaki at 20:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月26日

コップ2杯まで

ふたたび、こんばんは。

恣意型コロナ病の感染者が減少した。
みんな異常に思っているだろう。
本当に急激だ。
医療現場に余裕がなくなってきた時、感染者数を水増しして発表していたのかもしれない、と勘ぐってしまう。

善意をもって考えれば、飲食店での飲み過ぎがなくなったからではないか。
飲み過ぎは、肝臓に負担をかけ、体力低下、免疫力の低下を招く。
そういう場面を、シックネス・フィールドというのだろう(「自覚症状のない全身炎症について」参照)。
ここで、感染症に罹患する環境が生まれる。
一応、飲食店の時短営業の効果が出た、ということになる。

このことから、恣意型コロナ病の飲食店の対応を考えてみる。
飲み過ぎないよう、店側としては、あまり飲ませないように、コップ2杯まで、とか、そういう営業のやり方をすれば、時短営業をしなくても済む。
くだを巻く迷惑な客も、これで少なくなるだろうし、飲み過ぎそうな人には、「それ以上は、どうぞ、店外で飲んでください」と言えばいい。

飲み過ぎは、社会の悪だ。
病気の原因を作り、国全体の医療費を増やす。
翌日の体調も悪くなり、仕事もはかどらない。
ひどいのは、酒気帯び運転で、警察はうんざりする。

コップ2杯まで。
個人差もあるだろうが、これで、社会がヘルスネス・フィールドになる。
posted by T.Sasaki at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乗組員をアルバイトに出す?

こんばんは。

北海道から帰ってきて、休んでいる。
その後、漁が少しあるようだが、どうせ私が行っても邪魔にされるだけだと思う。
それだけ、魚群が少ないということ。
八戸でも、いい時でさえ、1隻平均10箱を越えればいいほうで、本当に惨めなものだ。
こうなると、船を動かしていても、あまり意味のない感じになる。
せっかくオーバーホールしたエンジン、定周波発電機類、いか釣り機の消耗を考えると、休んでいたほうがいい。
極めて漁が少ないのだから、休めば、それだけ魚類資源も生き残ることになるだろう。

そこで、乗組員の給料をどうするか、と考えたら、“奉公”に出すのが、きっと正解だ。
他の職場へ臨時アルバイトで雇ってもらい、その賃金と本船の給料との差額を、私が乗組員に支払えばいい。
こんな大不漁になると、乗組員は、ただ給料をもらって遊んでいるようなもの。
魚類資源復活のため、船を休めて、乗組員を他の職場へアルバイトに出すのも一考ではないだろうか。
posted by T.Sasaki at 20:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月17日

家という粗大ゴミ

ふたたび、こんばんは。

2日間のサイクリングで、何軒か解体作業が行われていた。
明らかに何年も人の住んでいない空き家も、多数ある。
これは、どこの過疎地でも同じで、私の近所にもある。
人の住めないくらいにあちこち穴があいていれば、それは資産ではなく、超粗大ゴミである。

私は震災後、家を建てる必要はなかった。
空き家を探せば、たぶん、あっただろうし、災害公営住宅に応募すれば、住むことはできたに違いない。
無理やり住宅ローンを組んで、借金返済を苦にするのもバカげている。
しかし、年寄りは、やっぱり自分の家に住みたい、というから、しかたなく住宅ローンを借りた。

結局は、被災地には空き家が増えている気がする。
その空き家は、何年も人が住まず、手入れもしなければ、ただのゴミになる運命なのだ。
固定資産を持つ、ということは、それを維持するための費用を払うことになり、やがては、その廃棄費用も考えなければならない。
そして、それは船も同じである。
これほど悲惨なするめいか資源では、いか釣り漁業は、もう何年ももたないのではないか。
その時、船の売買は停滞するだろう。
年もとり、船をやっていけなくなった時、船の解体費用まで捻出できるだろうか。
新造船を見て「いいなあ」とは誰しも思うのだが、「そのカネで美味しいものを食べていた方がいい」というほうに、分があるような気がする。

カックウ土偶の「ゴミになるな 土になれ」から、いろんなことを考えずにはいられない。
posted by T.Sasaki at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする